FOLLOW US

15位清水、8試合ぶり勝利でJ1残留を決める…3得点奪い神戸に逆転勝利

清水がJ1残留を決めた [写真]=JL/Getty Images for DAZN

 2017明治安田生命J1リーグ第34節が2日に行われ、ヴィッセル神戸清水エスパルスが対戦した。

 神戸は前節からスタメンを4人を変更。ニウトンが出場停止のボランチは藤田直之と高橋秀人のコンビで臨む。一方、勝ってJ1残留を決めたい15位清水は角田誠が5試合ぶりのスタメンとなった。

 13分、カウンターから高橋峻希が突破してクロスを送ると、最後は渡邉千真がシュートを突き刺す。渡邉の3試合連続ゴールで神戸が先制した。対する清水は19分、北川航也が直接FKを沈め、すぐさま同点に。続く26分には増田誓志のミドルシュートが決まり、清水が逆転に成功する。

 神戸は後半開始から2枚替え。松下佳貴と三原雅俊を投入し、ボランチを入れ替える。57分、清水はセットプレーのチャンスを得ると、最後は鄭大世が頭で決めて追加点を挙げる。

 試合は1-3で終了。15位の清水が勝利を収め、J1残留を決めた。

【スコア】
ヴィッセル神戸 1-3 清水エスパルス

【得点者】
1-0 13分 渡邉千真(神戸)
1-1 19分 北川航也(清水)
1-2 26分 増田誓志(清水)
1-3 57分 鄭大世(清水)

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA