2017.12.01

【新潟vsC大阪プレビュー】新潟は2013年以来の4連勝を目指す…C大阪のエース杉本健勇は得点王に君臨できるか

C大阪のエース杉本健勇は現在22得点でリーグ得点ランクのトップに立つ。リーグ直近5試合で計6得点と好調だ [写真]=J.LEAGUE
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■アルビレックス新潟 前節の清水戦で今季初の逆転勝利&1試合3得点を達成

【プラス材料】
 来季のJ2降格が決まっても、勢いが止まらない。リーグ前節の清水戦は残留に燃える相手の勢いに押し込まれ、0-2で試合を折り返す。

 しかしハーフタイムに「自分たちはもちろん、サポーターのプライドのために戦おう!」と呂比須ワグナー監督に気合を入れられると、71分、チーム最多得点のホニの今季6点目で1点を返し、85分、加藤大がチームにとって今季初の直接FKでの得点を決めて同点に。89分、ついに酒井宣福の新潟&J1初ゴールで試合を引っ繰り返した。逆転勝利も、1試合3得点も今季初だ。

 3連勝で迎える最終節、現役引退を発表した“ミスターアルビレックス”本間勲、契約満了となる成岡翔、稲田康志を笑顔で送り出そうと、2013年以来の4連勝を目指し、チームは一致団結している。

【マイナス材料】
 ルヴァン杯、リーグ、天皇杯に続き、C大阪とは今季4度目の対戦となる。ここまでは3敗、特に呂比須監督になって3試合目のリーグ第14節は、すべてセットプレーで4失点を喫した。この結果、最下位に転落したチームは、ここまで一度も順位を上げていない。

 前回、アウェイで対戦した試合の反省として、呂比須監督は集中力を挙げる。この大敗が、セットプレーの守備をマンツーマンからゾーンに切り替えるきっかけにもなった。

 C大阪が公式戦8連勝と絶好調で、来季のACL出場を確定させたのは重々承知。だが、新潟も5試合無敗だ。C大阪相手に、どのような戦いをするのか。来季、元磐田監督の鈴木政一氏を監督に迎え、メンバーが入れ替わってJ2を戦うチームにとって、重要な指針となる。

文:totoONE編集部

■セレッソ大阪 クラブ史上J1最高勝点63を記録し、3位も確定

【プラス材料】
 リーグ前節の神戸戦ではホーム最終戦にて3-1の見事な逆転勝利を飾り、これで公式戦は8連勝。リーグ戦では今季初の5連勝を果たし、クラブ史上J1最高勝点63を記録しただけでなく、J1での3位も確定。ACL出場権も手に入れることができた。最高の雰囲気のなかでシーズンを締めくくろうとしているのはプラス材料だろう。

 迎える最終節は、アウェイでの新潟戦になるが、今の勢いを持続して、勝利をつかみ、勝ち続ければ、もう1つの目標である天皇杯制覇にも弾みがつく。

 注目はエースストライカーの杉本健勇。神戸戦の2得点で、自己最多の22ゴールを記録。得点ランキングトップに立つ9番が、自らの足で、得点王確定の一撃を決めて、勝利を収められるか1999年度の黄善洪氏以来、C大阪2人目となる偉業誕生の瞬間が期待されている。

【マイナス材料】
 第32節の横浜FM戦と同じく、前節の神戸戦でも、前半早々に失点した。その後に反撃のスイッチが入り、終始、相手を押し込んで逆転勝利に導けたとはいえ、本来、C大阪のベースとなるのは、堅守。失点が続いているのは、気がかりなところ。

 特に攻撃時に中央に固執し、中盤でボールを奪われてからカウンターを受ける、夏場の失速時によく見られたシーンも、垣間見える。新潟が現在好調なチームであるだけに、そういった隙を与えると、苦戦も予想されるだろう。

 また、チームの柱の1人、山口蛍が、負傷により前節に続き欠場濃厚。山村和也、秋山大地など、ボール奪取に優れたボランチがいるとはいえ、唯一無二の存在である10番の不在の影響は、この試合にも出てくるだろう。

文:totoONE編集部

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る