FOLLOW US

J2残留の熊本、池谷友良監督の辞任を発表「感謝の気持ちでいっぱい」

池田友良監督の辞任が発表された [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

 ロアッソ熊本は20日、池谷友良監督の辞任を正式発表した。

 池谷氏は2017年6月に清川浩行氏の退任とともに監督へ就任。第42節の大分トリニータ戦後に辞任の申し出を受けて、それをクラブが了承する形となった。熊本は降格圏の21位で明治安田生命J2リーグを終了したものの、J3の結果によって残留が決定した。

 同氏は2005年に熊本の監督に就任し、その後は熊本のゼネラルマネージャーも経験。監督に就任する6月までは同クラブの代表取締役社長と務めていた。

 今回の発表に併せて池谷氏は以下の通りにコメントしている。

「6月の監督交代からチームを率いてここまで、皆様の期待に応える結果が出せず、監督を辞任してクラブを去ることを決断いたしました。ファン・サポーターの皆様をはじめ、この13年間支えていただいた全ての皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。また、共に闘ってくれた選手・チームスタッフ、チームを支えてくれた関係者の皆様、ありがとうございました。私は熊本を離れますが、今後のロアッソ熊本の健闘を心から祈っています。ファン、サポーターの皆様、クラブ・チームを引き続きサポートしていただけますよう、心よりお願い申し上げます。13年間、ありがとうございました」

また、飯田正吾強化本部長の解任も同時に発表されている。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO