2017.11.05

久保建英がプロ契約後初ゴール! 混戦の首位争いは秋田が2位浮上/J3第30節

久保建英
久保建英がプロ契約後初戦でゴールを決めた [写真]=J.LEAGUE
サッカー総合情報サイト

 2017明治安田生命J3リーグ第30節が5日に各地で行われた。

 前節ドローに終わり、連勝が6でストップしていた首位の栃木SCはアウェイでギラヴァンツ北九州と対戦。オウンゴールで先制を許し、一時は試合をひっくり返したが、2-3で逆転負け。2試合連続で足踏みが続いている。

 栃木を勝ち点差「3」で追う2位のアスルクラロ沼津はホームでSC相模原と対戦。スコアレスドローに終わり、首位に並ぶことはできなかった。

 3位のブラウブリッツ秋田はアウェイでカターレ富山に対戦し、4-0で大勝した。シュート数こそ富山が上回ったが、チャンスを決め切った秋田が勝ち点「3」を積み上げ、沼津をかわして2位に浮上している。

 この結果、栃木は勝ち点「56」で首位に留まったものの、秋田が勝ち点「55」で2位に浮上。3位沼津は勝ち点「54」と優勝争いが激化している。

 また、11月1日にプロ契約を締結したFC東京U-23の久保建英はガンバ大阪U-23戦に交代出場すると、直後にこぼれ球を押し込んでゴール。プロ契約後初めての試合で得点を奪った。試合は3-4でG大阪U-23に軍配が上がった。

 今節の結果は以下のとおり。

■J3第30節対戦カード
▼5日
カターレ富山 0-4 ブラウブリッツ秋田
藤枝MYFC 4-2 AC長野パルセイロ
アスルクラロ沼津 0-0 SC相模原
鹿児島ユナイテッドFC 1-0 グルージャ盛岡
ギラヴァンツ北九州 3-2 栃木SC
ガンバ大阪U-23 4-3 FC東京U-23
セレッソ大阪U-23 2-0 ガイナーレ鳥取
FC琉球 2-1 Y.S.C.C.横浜

■J3順位表
1位 栃木(勝ち点56/得失点差+20)
2位 秋田(勝ち点55/得失点差+24)
3位 沼津(勝ち点54/得失点差+33)
4位 鹿児島(勝ち点48/得失点差+8)
5位 琉球(勝ち点46/得失点差+8)
6位 富山(勝ち点46/得失点差+6)
7位 長野(勝ち点42/得失点差+7)
8位 藤枝(勝ち点42/得失点差+6)
9位 北九州(勝ち点41/得失点差+6)
10位 F東23(勝ち点36/得失点差-11)
11位 相模原(勝ち点34/得失点差-6)
12位 福島(勝ち点34/得失点差-10)
13位 YS横浜(勝ち点31/得失点差-8)
14位 C大23(勝ち点28/得失点差-7)
15位 盛岡(勝ち点26/得失点差-13)
16位 G大23(勝ち点21/得失点差-35)
17位 鳥取(勝ち点19/得失点差-28)

■J3第31節対戦カード(11月11日、12日)
▼11日
福島 vs 鹿児島
YS横浜 vs G大23
F東23 vs 藤枝
琉球 vs 栃木
▼12日
盛岡 vs 相模原
長野 vs 沼津
鳥取 vs 北九州
秋田 vs C大23

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
53pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る