2017.10.31

ガイナーレ鳥取が新たに“芝生事業”を展開、5年間の生産管理ノウハウを軸に

サッカー総合情報サイト

 31日、ガイナーレ鳥取は芝生事業「Shibafull(しばふる)」(URL:http://www.gainare.co.jp/shibafull)を新たに開始することを発表した。

 ガイナーレ鳥取は、日本初の市民の協賛金を財源としたサッカー専用スタジアム「チュウブ YAJIN スタジアム」を2012年12月に建設。その後約5年間、クラブスタッフの手で芝生の管理・運営を行ってきた。これにより培われた芝生の生産管理ノウハウを軸に、プロジェクトパートナーと協力して農業に参入するという。

 以下、リリース掲載。

■芝生生産に最適な「弓ヶ浜半島」の地質を活かした地域課題の解決
スタジアムのある弓ヶ浜半島は平らな砂地を有し、地下には豊富に地下水が流れるという芝生生産に最適な条件が揃っています。しかしながら人口減少や高齢化に伴って畑は担い手を失い、雑草の生えた耕作放棄地が広がり、景観や環境の悪化が地域課題となっています。ガイナーレ鳥取は耕作放棄地で芝生を生産することで、土地の有効活用と地域の課題解決につながると考え、ホームタウンの芝生化ならびに個人・法人への販売をプロジェクトパートナーと共に推進していきます。

■これからの農業のカタチを発信
最先端の自動芝刈り機など新技術の導入やこれまでの農業をすこし角度を変えて見る、実践することで、芝生の情報をはじめ継続可能なこれからの農業のカタチを発信していきます。

■ガイナーレ鳥取百年構想「地域社会の一員として地域のお役に立つ」
株式会社SC鳥取は今年で10周年を迎え、SC 鳥取百年構想「こどもたちのみらい、ふるさとのみらい」「輝くガイナーレ鳥取」「地域社会の一員として地域のお役に立つ」を掲げました。本事業は「こどもたちのみらい、ふるさとのみらい」「地域社会の一員として地域のお役に立つ」につながるプロジェクトになります。

■プロジェクト名の由来:
※芝生で街を、人を笑顔で満たしたいという思いから、
Shibafu(しばふ)+full(満ちる)という造語をプロジェクト名に決定しました。
■開始日:2017年10月31日(火)
■Web サイト:http://www.gainare.co.jp/shibafull

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る