2017.08.19

神戸で輝きを増す19歳の藤谷…「もっともっとやらなければいけない」

オフィシャル月刊誌『ヴィッセルスマイル』で、自身の思いを告白した藤谷[写真]=吉田孝光
サッカー総合情報サイト

 ヴィッセル神戸が毎月発行するオフィシャル月刊誌『ヴィッセルスマイル』の最新号が8月20日から発売される。全9ページにわたる選手特集『RECOMMEND FACE』には、今年5月にU-20ワールドカップに出場するなど、メキメキと頭角を現す右サイドバックの藤谷壮が登場。プロ2年目の19歳が自身の進化や、胸に抱く思いを赤裸々に語っている。

 藤谷は小学生時代からヴィッセル神戸のアカデミーに所属。U-15、U-18と順調にステップアップを遂げ、2014年に高校2年生ながらトップチームに2種登録されると、2015年には17歳でJ1リーグデビュー。同年、U-18日本代表にも名を連ね、以来、U-19代表、U-20代表としても活躍を続け、2020年東京オリンピックへの出場も期待されている。

 しかし、トップ昇格しルーキーイヤーとなった2016シーズンは、度重なるケガもあり公式戦への出場はかなわず「初めての挫折」を味わった。それでも、「自分自身や体のことを見つめ直すいい機会にもなった」と前を向き、肉体改造に着手。「上半身、下半身ともにパワーアップを図れたのは収穫でした」と一回りレベルアップしてピッチに帰ってきた。

 迎えた2017シーズンは右サイドバックのレギュラー高橋峻希がケガで離脱した影響もあり、ここまでJ1リーグ7試合、ルヴァンカップ4試合に出場し経験を積んでいる。その中で、自身の『力不足』を感じている面もあり、「もっともっとやらなければいけない」とさらなる進化を誓う。

 9勝2分11敗で11位につけるヴィッセル神戸は8月16日にネルシーニョ監督との契約解除を発表。8月20日の横浜F・マリノス戦から吉田孝行ヘッドコーチが暫定的に指揮を執ることになった。シーズン中の指揮官交代を経ても、藤谷は引き続き出場機会をつかむことができるか。そしてヴィッセルの“ショック療法”は吉と出るか。

 なお、藤谷のインタビューが収録された『ヴィッセルスマイル』は、8月20日に試合が行われるノエビアスタジアム神戸のグッズショップや、神戸ハーバーランドのオフィシャルショップで販売され、楽天市場店( http://www.rakuten.co.jp/vissel/ )、サッカーキングショップ( http://shop.soccer-king.jp/ )でも21日の0時から購入可能となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る