2017.08.06

南米王者シャペコエンセ 悲しみを乗り越え決戦に挑む

サッカーキング編集部

 クラブ史上初のコパ・スダメリカーナ決勝進出を果たしながら、悲劇的な飛行機事故で選手の大半を失ったシャペコエンセ。仲間たちの思いを胸に、南米王者として浦和レッズと対峙する。

文=三島大輔 Text by Daisuke MISHIMA
写真=ゲッティ イメージズ Photo by Getty Images

奇跡の快進撃を見せるも、その先に待っていた悲劇

「もし今日死んだとしても、幸せに死ねるだろう」。シャペコエンセを率いたカイオ・ジュニオール氏は、コパ・スダメリカーナ決勝進出の際にそう言い残し、この世から去ってしまった。

 シャペコエンセにとって、コパ・スダメリカーナ決勝進出はクラブ史に残る快挙だった。2009年はまだ4部相当のブラジル全国選手権セリエDに所属していたが、12年にセリエC、翌13年にはセリエBと着実にステップアップ。そして、14年にはついにブラジルサッカー最高峰の舞台、セリエAへとたどり着いた。

 コパ・ド・ブラジル2016でラウンド16以前に敗退したチームの3位としてコパ・スダメリカーナ2016の出場権を獲得したシャペコエンセは、予選2回戦で同国のクイアバを2戦合計3-2で下し、ラウンド16に進出した。8強進出を懸けた試合の相手は、アルゼンチンの古豪インデペンディエンテ。互いに譲らず、2戦合計0-0のままPK戦に突入する。ここで輝きを放ったのはGKダニーロだった。驚異の反射神経を誇る守護神が相手のキックを4本もストップする活躍を見せ、ベスト8進出を決めた。

 続くコロンビアのジュニオール戦は初戦を0-1で落としたものの、ホームでの第2戦を3-0と快勝。逆転で準決勝に駒を進め、アルゼンチンのサン・ロレンソと対峙する。敵地での第1戦を1-1で終えると、第2戦では守備陣が奮闘し、2試合合計1-1のままアウェーゴールの差でクラブ史上初のコパ・スダメリカーナ決勝進出を勝ち取った。

「ヴァモ ヴァモ シャペ!(行こうぜ、シャペコエンセ!)」

 選手や監督、コーチ、スタッフ、そしてサポーター。シャペコエンセに関わるすべての人たちが腹の底から歌い、心から初の決勝進出を喜んだ。

 16年11月28日、意気揚々と決戦の地コロンビアへ向かう途中、突如として悲劇は訪れた。チームを乗せた飛行機がコロンビアのメデジン郊外で墜落し、乗客乗員71名が死亡。待ち望んだ決勝戦は“幻”となったものの、対戦する予定だったアトレティコ・ナシオナルと南米サッカー連盟の意向もあり、優勝を譲り受けることになった。

メンバーを一新し再始動。誇りを胸に埼スタ決戦に挑む

 主力の大半を失ったシャペコエンセは、育成組織からの昇格11名を含む22名の新加入選手を迎え入れ、平均年齢24歳という若いチームで1月に再始動した。新監督には96年に旧JFLの本田技研サッカー部(現Honda FC)でプレーした経験を持つヴァグネル・マンシーニ氏が就任した。

 急造チームという不利な状況でありながら、サンタカタリーナ州選手権で2連覇を達成。5月に開幕したブラジル全国選手権では、開幕節で強豪コリンチャンスとドロー、続く第2節では前年度王者パルメイラスを撃破した。その後もアヴァイ、クルゼイロを下し、ついにクラブ史上初のセリエA首位に躍り出る。快進撃を受け、ブラジル大手メディア『グローボ エスポルチ』は、15-16シーズンにプレミアリーグで奇跡の優勝を果たしたレスターになぞらえて“シャペ・レスター”と評し、その躍進ぶりを称賛した。

【1】クルゼイロやインテルナシオナルといった名門を渡り歩き、フルミネンセからの期限付き移籍で加入したFWウェリントン パウリスタ。パンチ力のあるシュートとゴール前での嗅覚は一級品 【2】ハードな守備と機を見た攻撃参加が持ち味のボランチ、ルイス アントニオ。年代別代表経験を持ち、実力は折り紙付き 【3】昨シーズンは京都でプレーした大型MFアンドレイ。高いボール奪取能力と空中戦の強さはJリーグファンにもおなじみ。新天地シャペコエンセでも中盤の要として不可欠な存在に 【4】1月に再始動したチームを支えるサポーター

 しかし、第8節のボタフォゴ戦に0-2で敗れると、フラメンゴ、アトレチコ・ミネイロにも敗れて3連敗に。第11節のフルミネンセ戦は3-3のドローに終わり、ようやく連敗を止めたものの、クラブはマンシーニ監督の解任に踏み切った。

 後任に指名されたのはヴィニシウス・エウトロピオ監督。15年にシャペコエンセを指揮しており、約2年ぶりの古巣復帰となる。今回の就任に際し、「今年はシャペコエンセにとって重要な一年だ。この仕事の責任は大きいが、私はここから立ち直ることができると信じている」と意気込んだ。

 エウトロピオ監督は4-3-3を基本フォーメーションに採用。点取り屋のロッシが中国2部の深セン市足球倶楽部へ移籍したことは誤算だったが、新監督就任に伴う大幅なメンバー変更はなし。初采配から2試合は同じ11人を起用しており、身長192センチを誇る大型センターバックのヴィクトールラモス、攻撃の軸を担う34歳のウェリントン パウリスタらがチームの中心となる。新監督就任から3試合目となる第14節のサンパウロ戦で久々の白星をつかむと、前年度王者として臨むコパ・スダメリカーナ2017では、PK戦を制してベスト8入りを決めた。調子は徐々に上がってきている。

 南米王者の称号と志半ばで倒れた仲間たちの思いを胸に、シャペコエンセの選手たちは8月15日、2016JリーグYBCルヴァンカップ王者、浦和レッズとのスルガ銀行チャンピオンシップ2017に挑む。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
20pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
22pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
62pt
横浜FM
55pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
80pt
福岡
68pt
長崎
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
55pt
沼津
50pt
秋田
49pt
Jリーグ順位をもっと見る