2017.08.04

【柏vs神戸プレビュー】柏は神戸戦の直近5試合は4勝1分と相性抜群…神戸はポドルスキ加入が好影響をもたらす

神戸のポドルスキ(手前)はデビュー戦でさっそく2ゴール。強烈な印象を残した [写真]=J.LEAGUE PHOTOS
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■柏レイソル 新戦力キム・ボギョンのスタメン起用も

【プラス材料】
 期待の新戦力キム・ボギョンがリーグ前節の仙台戦で柏デビューを果たした。

 シーズン途中の加入で、まだ完全にフィットしたとは言い難いものの、下平隆宏監督は「攻撃のテンポを変えてくれた。デビュー戦にしては良かった」と高い評価を与えている。リーグ戦ではここ3試合結果が出ていないことを考えれば、起爆剤としてキム・ボギョンのスタメン抜擢は十分に考えられる選択肢だ。

 また、ルーカス・ポドルスキの華々しいデビューが際立つ神戸を率いる監督は、かつての柏の指揮官ネルシーニョ監督。柏は過去3シーズン、リーグ戦では神戸には負けておらず、直近5試合で4勝1分と相性は抜群に良い。柏の前半戦の連勝は神戸戦での劇的勝利からスタートしただけに、ここで悪い流れを断ち切り、再浮上のきっかけにしたい。

【マイナス材料】
 7月のリーグ戦3試合は1分2敗と未勝利に終わった。いずれも先制点を奪いながら、逃げ切れないもどかしい展開が続いている。

 前節の仙台戦でも、勝利を手中に収めていたにもかかわらず、後半アディショナルタイムにわずかな守備のズレを突かれて失点を許した。結果が出ていないだけに、先制した後は「リードを守りたい」という気持ちが強すぎ、守備に重きを置いたことでマイボールになった際に攻撃へ出ていく迫力が損なわれた点は否めない。

 仙台戦では、攻撃へ出ていけない展開が相手の猛攻へとつながり、最後の失点の原因となった。それだけに、パスを回しながら相手の隙をうかがい、したたかに急所を突くという柏の本来の強みを取り戻せるかが問われる。

文:鈴木潤

■ヴィッセル神戸 「ルーカスがいると周りの選手は動きやすい」

【プラス材料】
 元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキがリーグ前節の大宮戦で2ゴールを挙げ、鮮烈なJデビューを果たした。内容が良くても得点が取れなかった神戸にとって、彼の加入はかなり大きい。

 小川慶治朗が「ルーカスがいると相手を何人も引きつけてくれるので、周りの選手は動きやすい」と話すように、得点源としてだけではなく、存在自体もプラスのようだ。試合を重ねてコンディションが上がれば、さらに得点を重ねるに違いない。

 また、大宮戦ではボランチの田中英雄が2015年4月以来の得点を豪快なミドルシュートで沈め存在をアピール。さらに、大森晃太郎がポドルスキの2点目をアシストし、左サイドバック橋本和が軽快な動きを見せるなどけがからの復帰組も好調だ。

【マイナス材料】
 前節の大宮戦を3-1で快勝したものの、前半に大宮の江坂任が先制点になりそうな決定機を外さなければ結果は違ったものになっていた可能性はある。

 前半は大宮にボールを支配され、何度かいい形を作られていたのも事実だ。ネルシーニョ監督も試合後の会見で「守備で前線からのプレスがどうしても行けず、相手に自由に動かれ、ボールを保持されてしまった」と振り返っている。

 ポドルスキの活躍によってかき消されがちだが、神戸本来の高い位置でボールを奪ってショートカウンターという形が出せなかった試合でもあった。ポドルスキという絶対的な“個”が加入したことでややバランスを崩した守備を、今節の柏戦でどこまで修正できるか。1つのポイントになりそうだ。

文:totoONE編集部

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
20pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
22pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
62pt
横浜FM
55pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
80pt
福岡
68pt
長崎
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
55pt
沼津
50pt
秋田
49pt
Jリーグ順位をもっと見る