2017.07.25

Jリーグが長崎に対して制裁措置を発表…入場者数の上乗せ公表が原因

Jリーグ
長崎に対する措置を発表 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 公益社団法人日本プロサッカーリーグの村井満チェアマンは、裁定委員会に諮問し、V・ファーレン長崎に対する制裁措置を25日に発表した。

 長崎は2015シーズン開幕から2017シーズン第6節までのホームゲーム全46試合中45試合において、入場者数を、少なく見積もって約2万人上乗せして発表していたことが明らかになった。具体的には、入場者実数を発表すべきものを、運営関連スタッフや入場券を持たない無料観客等を、入場者数に上乗せして公表していたという。

 上記の事実は『明治安田生命J1・J2・J3リーグ戦試合実施要項』第39条〔公式記録〕第3項・第4項に基づかない算定方法であり、『Jリーグ規約』第36条〔スタジアムにおける告知等〕第1項第7号の違反となる。

 この違反行為によって長崎は制裁金300万円のほか、始末書によるけん責を受けることとなる。

 長崎は次節、30日にアウェイで岡山と対戦する。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る