2017.07.01

豪快ミドルで移籍後初ゴール…山中亮輔がシュートを選択した“二つの理由”

山中亮輔
移籍後初ゴールを挙げた山中亮輔 [写真]=JL/Getty Images for DAZN
サッカー総合情報サイト

 ヒーローインタビューを受けていた山中亮輔は、チームメイトから遅れて急いでゴール裏へ向かった。アウェイゴール裏に詰め掛けたたくさんのファン・サポーターの声援に応えると、「やまなか〜よこはま〜」のコールがNACK5スタジアム大宮に響き渡った。

 1点リードで迎えた68分だった。ハーフウェイラインよりやや相手陣内でボールを奪うと、そのままドリブルで持ち上がりつつ、チラッと中を見る。「(齋藤)学くんが呼んでいるのは見えたけど、前が空いていたので、思い切って狙おうと思った」と、山中は豪快に左足を振り抜いた。

 本人いわく「クロスの選択肢もあったけど……」。しかし、山中が選択したのは自らのシュートだった。その理由が、発した言葉に見え隠れする。一つは、「自分はミドルを得意としている」から。恐らく自信があったのだろう、「あそこ1本出たのは良かった」と振り返っている。

 そしてもう一つが、ようやくつかんだ定位置を手放したくない思いから。この日のヒーローはキー局に始まり、地方局、そしてペン記者と多くのメディアに囲まれた。そのすべてで語っていたのが、「僕のポジションは競争が激しいから負けられない」ということだった。

「ポジション争いが激しくて、僕のポジションもいい選手しかいない。今は試合に出ていますけど、少しでも悪いプレーをしたらすぐに代えられてしまう危機感しかない。必死にやるだけですし、本当に(ポジションを)取られないようにガムシャラにしがみついてやるだけ」

 今季はケガで出遅れた。出場機会を得たJリーグYBCルヴァンカップで少しずつ自分の良さを出していくと、そこから引き揚げられたリーグ戦ではあっという間に持ち味を披露した。先発2試合目となった前節のヴィッセル神戸戦では、先制弾を挙げた中町公祐のゴールを精度の高い完璧なクロスでお膳立て。そして今節では得意のミドルシュートを決めてみせた。

“見たか!”と、言わんばかりのゴール後のパフォーマンス。ど派手なジャンピングガッツポーズのあとは、飛び付いてきた中町に押し倒され、チームメイトたちの手荒な祝福を受けたが、「ああいうのは嬉しいですね。ベンチの選手も喜んでくれていたみたいで、『なんで来てくれなかったんだ』と言われたので、今度点を決めたら行こうと思います」と嬉しそうだった。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る