FOLLOW US

小野&闘莉王が埼スタ凱旋! 鈴木啓太引退試合の追加メンバーを発表

2017.07.01

2006年の優勝に貢献した小野と闘莉王 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

 7月17日(月・祝)に埼玉スタジアムにて開催される、「鈴木啓太 引退試合」への参加メンバーが追加発表された。

【参加メンバー(カッコ内は浦和レッズ在籍年)】※敬称略
・小野伸二(1998年~2001年、2006年~2007年/元日本代表/現所属:北海道コンサードーレ札幌)
・田中マルクス闘莉王(2004年~2009年/元日本代表/現所属:京都サンガF.C.)
・駒野友一(元日本代表/現所属:アビスパ福岡)
・山瀬功治(2003年~2004年/元日本代表/現所属:アビスパ福岡)
・エスクデロ競飛王(2005年~2012年/現所属:京都サンガF.C.)

【すでに発表された参加メンバー(カッコ内は浦和レッズ在籍年)】※敬称略
・福田正博(1989年※~2002年)※前身の三菱重工業サッカー部時代含む
・内舘秀樹(1996年~2008年)
・室井市衛(2000年~2001年7月、2002年~2004年)
・阿部敏之(2000年~2002年)
・三都主アレサンドロ(2004年~2009年)
・都築龍太(2003年~2010年)※2010年は湘南ベルマーレへ期限付き移籍
・酒井友之(2004年~2006年)
・堀之内聖(2002年~2010年)
・相馬崇人(2006年~2008年)
・ギド・ブッフバルト(選手:1994年~1997年、監督:2004年~2006年)
・ゲルト・エンゲルス(トップチームコーチ:2004年~2008年、監督:2008年)
・池田太(選手:1993年~1996年、トップチームコーチ:2002年~2008年)現所属:U-19日本女子代表監督
・土田尚史(選手:1989年※~2000年、トップチームGKコーチ:2001年~現在)※前身の三菱重工業サッカー部時代含む
・大槻毅(トップチームコーチ:2006年~2010年)
・岡野雅行(1994年~2001年、2004年~2008年)
・千島徹(2000年~2006年)
・福西崇史(元日本代表)
・ロブソン・ポンテ(2005年~2010年)
・中村俊輔(元日本代表/現所属:ジュビロ磐田)
・橋本英郎(元日本代表/現所属:東京ヴェルディ)
・巻誠一郎(元日本代表/現所属:ロアッソ熊本)
・松井大輔(元日本代表/現所属:ジュビロ磐田)
・岩政大樹(元日本代表/現所属:東京ユナイテッドFC)
・細貝萌(2005年~2010年/元日本代表/現所属:柏レイソル)
・マリッチ(2005年/元クロアチア代表)
・ワシントン(2006年~2007年/元ブラジル代表)
・明神智和(元日本代表/現所属:AC長野パルセイロ)
・田中達也(2001年~2012年/元日本代表/現所属:アルビレックス新潟)
・矢野貴章(元日本代表/現所属:アルビレックス新潟)

【 #赤い同窓会、#青い同窓会 企画とは…】
 いつもスタジアムで会う仲間同士はもちろん、なかなかスタジアムで会えていない、かつてスタジアムで会っていた仲間たちとの再会の誘いや待ち合わせを、SNS上でハッシュタグ#赤い同窓会、#青い同窓会 を付けて行っていただくことで、この試合の楽しみ方の一つとして“同窓会”という概念が多くの方に伝わります。
 その結果として、この日の埼玉スタジアムのあちらこちらで、選手たちと同じ様に、一人でも多くの方に“同窓会”を楽しんでいただきたいという、鈴木啓太自身で立案した企画です。
 皆さんも是非“同窓会”企画に参加していただき、鈴木啓太引退試合を一緒に楽しみましょう!

詳しくは浦和レッズ公式HPにて


【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO