2017.06.30

【浦和vs広島プレビュー】連敗を脱したい浦和は復帰のエースに期待…広島は選手の入れ替えが功を奏するか

浦和は練習でFWの高木俊幸がウィングバックのポジションに。連敗脱出の救世主となれるか [写真]=J.LEAGUE PHOTOS
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■浦和レッズ ”ゴールゲッター”ラファエル・シルバがけがから復帰

【プラス材料】
 けがで戦列を離れていたラファエル・シルバがリーグ前節の鳥栖戦(1-2)で公式戦7試合ぶりにスタメンを飾れたことは、数少ない光明と言えるだろう。移籍1年目ながらシーズン開幕当初からゴールを量産してきたストライカーが復調すれば、今の嫌な雰囲気を一変させるきっかけにもなり得る。

 リーグ戦3連敗と結果が出ていないとは言え、内容を見ていけばチームとしてチャンスが作れていないわけではない。ラストパスの精度やフィニッシュでの落ち着きなど仕上げの部分で少しかみ合っていないだけ。決定力の高いラファエルが起爆剤になることを期待したい。

 また、今週の練習では高木俊幸がウィングバックのポジションに入っていた。これまで出番の少なかった控えがチームに勢いをもたらすことは、サッカーでしばしばあること。流れを変える存在になれるか。

【マイナス材料】
 柏、磐田、鳥栖とリーグ3連敗を喫した浦和。シーズン折り返しを迎える前に陥った逆境を跳ね返せるかどうかが今後の行方を左右するが、やはり停滞しているとあってチームのムードは少し重い。今は苦境から脱しようという焦りもあり、攻守の歯車が狂ってしまっている。集中を欠いたミスから失点し、そのミスを取り返そうと前のめりになって傷口が広がるという負のスパイラルにはまる試合も見られる。何とか流れを断ち切りたいが、ホームでは4月22日の札幌戦以来勝てていないという嫌なデータがある。

 試合2日前の練習で宇賀神友弥、駒井善成とレギュラークラスが別メニューだったのが気がかり。彼らが欠場することで、バランスが崩れ気味のチームに更なる悪影響が出なければいいが…。

文:totoONE編集部

■サンフレッチェ広島 森保一監督がチョイスする新布陣が、負の連鎖を断ち切るか

【プラス材料】
 リーグ前節の大宮との決戦に0-3で敗れ、ルヴァンカッププレーオフステージ第1戦F東京戦でも0-1で完封負け。試合後、森保一監督はスタメンの変更を示唆し、30日のトレーニングでは主力組を3人、入れ替えた。茶島雄介と森島司、中林洋次は3人ともF東京戦に出場している。疲れが気になるが、「コンディションは問題ない」と茶島は力強い。

 ボール保持力は安定しているし、シュート数も多い。守備力も一時よりは安定感を取り戻しつつある。非常に難しいチーム状況にあるが、森保監督の組む新しい布陣が新風を呼び起こすことができれば。リーグ第15節川崎戦、前節大宮戦を見ても、力はある。その力を最大限に発揮する集団を組織できるかどうか。浦和戦の成否はそこにかかっている。

【マイナス材料】
 大黒柱の森﨑和幸のコンディションは、負傷から回復したばかりで万全ではなく、今節はスタメン落ちの可能性も。抜擢が予想される選手もルヴァンカッププレーオフステージ第1戦から中2日で、疲労は抜けきっていない。

 リーグ第12節の甲府戦から5試合連続して前の3人は同じ組み合わせだったが、得点は2点。最前線の皆川佑介は今季1ゴールも取れていない。今節はここに森島を起用する見込みだが、躍動感は見せているものの彼自身もここまで、公式戦でゴールが奪えていない。

 リーグ3連敗中で17位に沈んでいる現状を見れば、変化が必要なことは明らかだが、大胆な変更は組織を崩す可能性もある。非常に難しい状況であることは間違いない。

文:紫熊倶楽部 中野和也

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る