2017.06.28

C大阪に打撃、清武弘嗣が全治8週間の離脱…セビージャ戦も欠場濃厚に

清武弘嗣
負傷離脱を強いられることとなった清武弘嗣 [写真]=Getty Images for DAZN
サッカー総合情報サイト

 セレッソ大阪は28日、日本代表MF清武弘嗣が左ハムストリング筋損傷と診断されたことを発表した。全治約8週間を要する見込み。

 清武は25日の明治安田生命J1リーグ第16節ベガルタ仙台戦に先発出場したが、前半終了間際に負傷。42分に途中交代を強いられた。同選手は今季、明治安田生命J1リーグ第16節終了時点で11試合出場4ゴールを挙げている。

仙台戦で負傷し、途中交代となった [写真]=Getty Images for DAZN

 現在27歳の清武は2008年、大分トリニータの下部組織からトップチームへ昇格。2010年にC大阪へ加入すると、2012年にはエースナンバー「8」を背負ってプレーした。そして2012年夏にニュルンベルクへ加入。2014年にはハノーファーへ移籍し、昨年夏からはセビージャでプレーした。そして今年2月1日、C大阪への復帰が発表された。

 C大阪は明治安田生命J1リーグ第16節を終えて9勝5分け2敗の勝ち点「32」で2位。次節は来月2日、FC東京とのホームゲームに臨む。そして来月17日には「StubHub ワールドマッチ 2017」でセビージャと対戦。清武にとっては古巣との一戦となるが、負傷欠場が濃厚となってしまった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る