2017.06.28

東京V、“皇帝”トッティとの交渉は進展なし…給料面で折り合いつかず

トッティ
“皇帝”トッティのJリーグ参戦は実現するのだろうか [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 J2の東京ヴェルディが今シーズン限りでローマを退団する元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティの獲得交渉が暗礁に乗り上げたようだ。イタリアメディア『カルチョメルカート』やイギリス紙『サン』が報じている。



 先日、ヴェルディの羽生英之社長がトッティとの交渉を公に認め、代理人である同選手の実兄に年俸100万ユーロ(約1億2400万円)を含む条件を提示したと報道された。

 しかし、これに対しトッティは3倍となる年俸300万ユーロ(3億7500万円)を要求したことで交渉はとん挫。“皇帝”のJリーグ参戦の可能性は低くなったという。

 羽生会長は「私たちは彼に連絡したが、何も進展はなかった。彼は300万ユーロを要求してきた。しかし、ここで彼を待つことは夢だ」と、今後も交渉を続ける可能性を示唆した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る