2017.06.20

【ライターコラムfrom金沢】チームの大黒柱へ…新境地に挑む小柳達司、参考は鹿島の“あの選手”

小柳達司
ボランチで出場を続ける小柳達司 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS
フリーライター。J2昇格初年度の2015年から、ツエーゲン金沢の番記者として取材活動を開始。J2一年目の快進撃、二年目の残留争いを肌で感じ、監督が替わった三年目は新たなチーム作りを見届ける。

 ボランチとして先発出場を続ける小柳達司。豊富な運動量、スプリント、対人守備が持ち味。中盤を駆け回りセカンドボールを拾い、タイトな寄せで相手の自由を奪う。本来はセンターバックやサイドバックを務めるDFラインのマルチロールは、昨季終盤に続いて今季も一列前のボランチで新境地開拓に挑む。

「去年の終わり頃からやっているけど、課題しか見えない」という小柳が思い描くボランチ像とは何か。「自分がサイドバックをやっている時にやりやすいボランチは、ボールを受けて捌いて相手の守備意識を削ぐようなボランチ。テレビで見ていても、そういうボランチが目に入る。(自分とは)ちょっとタイプは違うけど、そういう風なボランチがやりやすかった」

 描くボランチ像と、もともとはDFの“ボランチ・小柳”の姿が異なるのは当然だろう。だからこそ、「ジレンマもありながらやっている」と話すが、「自分の良さを出しつつ」新たなポジションで、少しずつプレーの幅を広げていくつもりだ。

「(川崎)フロンターレみたいにターンして縦パスをつけて、また潜ってというプレースタイルではないし、今からそれをやっても現実的ではない。まずはシンプルに、2タッチとかでテンポを作ったり、展開することをスムーズにやれたらと思うけど、そんなに甘くない。でも、試合に出してもらっているし、その中で成長して自分のユーティリティー性を伸ばしていけたら良い」

J2開幕の愛媛戦からコンスタントに出場を重ねている [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

 選手として成長するチャンス。開幕からボランチで試合を重ね、つかんだ手応えもある。

「技術的な部分もちょっとは上がっていると思う。ピッチ全体を見渡すような意識も出てきた。もっと(佐藤)洸一くん、(中美)慶哉がノビノビとできるようなゲームコントロールやパスを出してあげたい。シーズンを通して、徐々にパスを入れられるようになってきた」

 小柳は鹿島アントラーズのレオシルバを参考にしているという。「潰し、相手のマークを見付ける能力もあるし、そこは自分が長所として持っていないといけない部分。得点も取るし、攻撃にも入っていけるところはすごいけど、自分もそういうところを見習いたい」

 守備の役割を確実にこなしつつ、そこに新たなものを加えていくことは容易ではないだろう。「レオシルバみたいな大黒柱になれたら良いけど、まだまだ甘い。まだ付け焼き刃な感じも否めない。もっと安定するようにしたい」

 小柳の挑戦は、これからも続く。

文=野中拓也

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る