FOLLOW US

Jリーグ開幕から25年…海外組のJリーグ時代を写真でプレイバック【MF&FW編】

長谷部誠

2006年のJ1優勝を皮切りに、浦和の黄金期を支えた [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

2002年 浦和レッズ 0試合0得点
2003年 浦和レッズ 28試合2得点
2004年 浦和レッズ 27試合5得点
2005年 浦和レッズ 31試合2得点
2006年 浦和レッズ 32試合2得点
2007年 浦和レッズ 31試合1得点

香川真司

2009年からはC大阪のエースナンバー8を背負う [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

2006年 セレッソ大阪 0試合0得点
2007年 セレッソ大阪 35試合5得点
2008年 セレッソ大阪 35試合16得点
2009年 セレッソ大阪 44試合27得点
2010年 セレッソ大阪 11試合7得点

岡崎慎司

2009年は自己最多の14得点を記録 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

2005年 清水エスパルス 1試合0得点
2006年 清水エスパルス 7試合0得点
2007年 清水エスパルス 21試合5得点
2008年 清水エスパルス 27試合10得点
2009年 清水エスパルス 34試合14得点
2010年 清水エスパルス 31試合13得点

本田圭佑

武器の左足はJの舞台でも通用した [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

2005年 名古屋グランパス 31試合2得点
2006年 名古屋グランパス 29試合6得点
2007年 名古屋グランパス 30試合3得点

大迫勇也

2009年、鹿児島城西高校から鳴り物入りで鹿島に入団 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

2009年 鹿島アントラーズ 22試合3得点
2010年 鹿島アントラーズ 27試合4得点
2011年 鹿島アントラーズ 25試合5得点
2012年 鹿島アントラーズ 32試合9得点
2013年 鹿島アントラーズ 33試合19得点

原口元気

2014年、背番号を24からエースナンバー9に変更 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

2008年 浦和レッズ 0試合0得点
2009年 浦和レッズ 32試合1得点
2010年 浦和レッズ 26試合2得点
2011年 浦和レッズ 30試合9得点
2012年 浦和レッズ 32試合6得点
2013年 浦和レッズ 33試合11得点
2014年 浦和レッズ 14試合4得点

宇佐美貴史

2014年は史上2クラブ目の国内3冠達成に貢献 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

2009年 ガンバ大阪 3試合0得点
2010年 ガンバ大阪 26試合7得点
2011年 ガンバ大阪 14試合4得点
2013年 ガンバ大阪 18試合19得点
2014年 ガンバ大阪 26試合10得点
2015年 ガンバ大阪 34試合19得点
2016年 ガンバ大阪 17試合5得点

久保裕也

2012年には現役高校生ながら日本代表に選出された[写真]=J.LEAGUE PHOTOS

2011 京都サンガF.C. 30試合10得点
2012 京都サンガF.C. 20試合1得点
2013 京都サンガF.C. 16試合7得点

浅野拓磨

2015年、圧巻のスピードを持ち味にブレイクを果たす [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

2013年 サンフレッチェ広島 1試合0得点
2014年 サンフレッチェ広島 1試合0得点
2015年 サンフレッチェ広島 32試合8得点
2016年 サンフレッチェ広島 14試合4得点

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA