2017.05.14

連敗を止めた横浜FM、金井が殊勲の決勝弾も「ゼロで勝てたことがうれしい」

金井貢史
今季2度目の決勝弾をマークした金井 [写真]=清原茂樹
サッカー総合情報サイト

 連敗をストップする決勝ゴールだった。前半アディショナルタイム、右からのFKをダビド・バブンスキーが蹴る。中央でミロシュ・デゲネクが頭で合わせるも、GKがブロック。しかし、そのこぼれ球に詰めていたのが、金井貢史だった。

「シュートを打ってこぼれると思った。(詰めているのは)基本中の基本だと思うので。それがゴールにつながって良かった」。ドタバタしていたようには見えなかった。冷静に押し込んだように見えたが、「考える時間はないです」と左ひざでのゴールに笑顔を見せた。「こぼれてきたからラッキーと思って。膝で押し込みました。ありがとうって感じ(笑)」

 今季初の4連敗の危機。「どうしても勝ち点3が必要な試合で、全員がその勝ち点3のために戦った結果だと思う」と総評した金井。88分には、伊藤翔が持ち込んだボールのこぼれを拾って、逆サイドの天野純にパスを出した。惜しくも、利き足ではない右足でのシュートを天野が左へ外してしまったが、紛れもなく追加点のビッグチャンスだった。

「翔くんも(齋藤)学に出すかなと思ったんですけど、うまく出さなくて溜めていたので、後ろを付いて行って引っ掛かった時に狙っておこうと考えていた。もし学に出したら、スピードを上げてゴール前に出ていこうというイメージだった。うまくいい形でボールが拾えた場面だったかな」

 リスクを犯して攻めなければ、ゴールは奪えない。当り前のことだが、金井が補足する。「チャンスだと思えば上がっていかないといけない。あの場面は『いけるな』という雰囲気があったので、行けた。ただ、僕が行った分、後ろは後ろでリスク管理をしていたと思う。そういう信頼関係があって、チーム全員で行けたシーンだったかな」

 こういうチャンスがゴールにつながる時こそ、チームがノッている時。そういう意味では、まだまだ開幕の頃のチームには遠いのかもしれない。それでも連敗を食い止め、勝利の手応えを感じられたことは次につながるはず。

「連敗中は選手の距離感があまり良くなかったけど、今週はシンプルにボールを動かしていこうと話していたし、チームとしての戦い方がはっきりしていた。みんなが動いて、パスコースを作ろうという意識があって、距離感も良かったことが今日の勝ちの要因かなと思う」

 金井自身、今季2度目の決勝ゴールに「今日は泥臭く取れたので、個人的には好きなゴールかな。ゼロで抑えられたし、危ない場面もあったけど、ゼロで勝てたことがうれしいです」。まさに金井らしいゴールだった。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
60pt
福岡
55pt
名古屋
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
沼津
35pt
富山
35pt
Jリーグ順位をもっと見る