2017.05.12

【鹿島vs神戸プレビュー】通算対戦成績では鹿島が神戸を圧倒…神戸はリーグ4戦勝ちなしから脱却できるか

リーグ首位に立つ鹿島だが、ここに来て負傷者が相次いでいるのは不安要素だ [写真]=J.LEAGUE PHOTOS
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■鹿島アントラーズ 直前のACLムアントンU戦では鈴木優磨や三竿雄斗ら「代役」選手が活躍

【プラス材料】
 直前の試合は、ACLムアントンU戦で2-1と勝利し、1次リーグ首位突破を決めた。負傷欠場した金崎夢生に代わって、2トップの一角に入った鈴木優磨が2得点と活躍。負傷で先発から外れた山本脩斗の代わりに出場した三竿雄斗も左サイドバックとして仕事を果たした。長いシーズン、すべての試合にベストメンバーでは臨める訳ではない。その中で「代役」と言われる選手が仕事をし、勝利すれば、チームは自然と良い方向に向くというもの。

 リーグ前節の浦和戦に1-0で勝利し、ACLも首位突破を決め、気が抜けがちな時期ではあるが、遠藤康は「神戸戦で勝たないと意味がない」といつも通り、目の前の試合で勝ち点3を奪いにいく。

【マイナス材料】
 ここに来て負傷者が相次いでいる。攻撃の要、金崎は古傷でもある右足首に痛みが広がり、山本は足を痛め、ムアントンU戦に続いて欠場が濃厚だ。さらに、守備の要、昌子源も左足首を痛めている。昌子は出場を志願しピッチに立つ予定だが、万全の状態ではない。加えて、ACLとの連戦で体力面の心配もある。特に遠藤、土居聖真の2列目コンビは試合出場が続いている。気候も春から夏に向っているため、試合日の気温も上昇してくるだろう。

 リーグ前節の浦和戦で勝利し、今季初めて首位に立って、ホームで迎え撃つ神戸戦。楽な展開にはならないだろうが、先制点を奪い、主導権を握りながら試合を進めたいところだ。

文:totoONE編集部

■ヴィッセル神戸 ボランチ藤田直之の離脱を松下佳貴がカバー

【プラス材料】
 10日のルヴァン杯甲府戦を逆転で勝利した神戸。4連勝でグループステージ(Bグループ)首位もキープし、チームの雰囲気は上々。20日開幕のU-20W杯の日本代表・藤谷壮が甲府戦で小林成豪の同点弾をアシストするなど、若い選手の台頭も見られたのは大きい。

 ボランチ藤田直之が離脱する中、松下佳貴の調子が上向き。甲府戦では点と線のパスを巧みに使い分け攻撃をクリエイトした。同じくボランチ高橋秀人も90分間出場したことでコンディションは上がるはず。藤田不在の懸案に一筋の光明が差したと言える。

 また、連戦続きの中、右SB高橋峻希やニウトンら主力を休ませられたのも鹿島戦に向けては好材料。

【マイナス材料】
 好調なルヴァン杯とは裏腹に、リーグ戦は4試合勝ち星なしで8位に。なかなか無失点で試合を終えられない中、ここ4試合で2得点と得点力不足にも悩まされている。多くの得点チャンスは作れているだけにもったいない。

 そんな中でジョーカー的な存在だったFW大槻周平が肉離れで戦線離脱。直近のルヴァン杯甲府戦でゴールを決めた小林はいるものの、渡邉千真と田中順也を軸にした2トップに変化をもたらすオプションカードの数が少ない。2列目は大森晃太郎、ウエスクレイ、中坂勇哉、小川慶治朗ら個性的なタレントを擁しているが…。守備力の高い鹿島が相手だと考えると、2トップの枚数不足はマイナス材料と言わざるを得ない。

文:totoONE編集部

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る