2017.05.12

【大宮vs仙台プレビュー】大宮はムルジャとマテウスが攻撃の切り札に…仙台はルヴァン杯で大宮に2-1で勝利

仙台のブラジル人FWクリスランは、リーグとカップ戦を合わせて6ゴール中と好調だ [写真]=J.LEAGUE PHOTOS
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■大宮アルディージャ ルヴァン杯のFC東京戦では今季初の複数得点

【プラス材料】
 第9節のさいたまダービーでは、全員がハードワークを貫いて勝利を手にした。それだけのポテンシャルがあるチームなのだが、自分たちの力を出し切れていない。

 現在、再び公式戦3連敗中と苦しい状況にあるものの、10日に行われたルヴァン杯のFC東京戦では、FWムルジャ、MFマテウス、FW播戸竜二がゴールを記録。3-4で敗れたとはいえ、今シーズン初めての複数得点を挙げられたことは、ポジティブな要素と言える。負傷にも苦しめられていたムルジャ、マテウスの両選手は、攻撃の切り札としても重宝されるはずだ。

 逆に大量4失点を喫した守備面では、最終ラインにキャプテンの菊地光将が戻ってくるかもしれない。自分たちのやりたいことを放棄し、相手ボール時には最終ラインを5枚にしてスペースを消す守備がどれだけ機能するかが問われる一戦となる。

【マイナス材料】
 せっかくダービーで勝利を挙げたにもかかわらず、チームが好転することはなかった。5月に入って公式戦3連敗を喫した。

 シュート数が少ないだけではなく、運動量も少ない。ここまでの1試合平均のチームの総走行距離は、112.709キロメートルでリーグ14位。低い位置で相手の攻撃を食い止めておき、そこから長い距離のカウンターを仕掛けなければいけない状況のチームが走れていなければ、それは勝利につながるはずもない。

 今季リーグ戦最多20失点を喫している最弱の盾を持つ仙台を、今季リーグ戦最少3得点と最弱の矛の大宮が攻略できるかは、走り切れるかどうかにかかってくるだろう。今節対戦する仙台は、通算の対戦成績では勝ち越している相手だが、今季のルヴァン杯では1-2で敗れた。ファンの多くはその時の借りを返し、浮上のきっかけをつかむことを望んでいる。

文:totoONE編集部

■ベガルタ仙台 ルヴァン杯の柏戦は相手を圧倒してのドロー

【プラス材料】
 仙台は今回の前に、5月3日のルヴァン杯で大宮と対戦済み。その時には佐々木匠や西村拓真といった若手選手が活躍し、今季の公式戦で初めて前半に得点し、2-1で勝利した。そのポジティブなイメージを持って、今回も勝ち点3を目指す。

 直前の公式戦で勝って弾みをつけたかったところだが、ルヴァン杯の柏戦は1-1の引き分けだった。しかしその内容は、相手を圧倒して、最後に追いついたというもの。勢いを得られるものであることには変わりない。

 この試合では蜂須賀孝治や途中出場の永戸勝也が、それぞれのサイドから様々なバリエーションのクロスを上げており、最終的に永戸のクロスが得点につながった。好調のクリスランのシュートと合わせ、仙台の大きな武器となっている。

【マイナス材料】
 ひと頃の不調から脱したものの、Jリーグ戦の前節はFC東京に無得点で、0-2で敗戦。内容は悪くなかっただけに、自信を失わず大宮戦の勝利で持ち直したいところだ。特にFC東京戦で失点につながるミスをしてしまったシュミット・ダニエルは、立ち直りが期待される。

 1週間に2試合の日程が続いていたが、この大宮戦でひと区切りを迎える。この間に蓄積した心身の疲労が、不安材料の一つだ。疲れた中での一戦がアウェイで行われるなか、カップ戦と合わせた選手起用が実るかどうかが問われる。

 3日のルヴァン杯で勝利したものの、リーグ戦については2013年9月の試合を最後に大宮戦での勝利がない。仙台にとっては、カップ戦に続き勝って苦手意識を払拭したい試合だ。

文:totoONE編集部

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る