2017.05.12

【FC東京vs柏プレビュー】FC東京は公式戦4連勝中と好調を維持…柏もリーグ4連勝中と波に乗る

FC東京のMF髙萩洋次郎は攻守のバランスをとり、連勝に大きく貢献している [写真]=J.LEAGUE PHOTOS
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■FC東京 リーグでは3試合連続で無失点

【プラス材料】
 リーグ3連勝に続き、10日に行われたルヴァン杯の大宮でも4-3で勝ち点3をもぎ取り、現在、公式戦4連勝中。自ずとチームの雰囲気は良く、選手たちの士気も高い。仙台戦では、セットプレーのチャンスから大久保嘉人が2得点を挙げ、決定力の高さを見せつけた。

 守備面では、GKの林彰洋を中心に、中盤では髙萩洋次郎がバランスをとり、リーグでは3試合連続で無失点。FC東京らしい「盤石のディフェンス」になりつつある。

 また、J3で段階的に出場時間を伸ばしていた米本拓司が、ついにルヴァン杯で途中出場。負傷以前と比較しても見劣りしないプレーを見せて、味スタを沸かせた。J3を含めた連戦が続くこともあり、米本の今節の出場は不確定だが、「手薄なボランチの層(篠田善之監督)」に厚みを加える意味でも、ここからの復活劇に期待がかかる。

【マイナス材料】
 リーグここ3戦、流れの中からの得点は1ゴールしかない。この3試合はメンバーを固定して戦ってきただけに、攻撃面の連係や熟成は、チームが引き続き抱えている課題だ。

 一方、ルヴァン杯の大宮戦では、「予想以上に連戦の疲労感がある(篠田善之監督)」ため、先発10名を入れ替えて臨んだ。前線のピーター・ウタカを生かすすためにロングボールを多用し、中島翔哉やピーター・ウタカ自身もゴールをマーク。点の取り合いを制したが、ミスが多く大味な展開でもあり、篠田監督が日頃から求めているチームとしての「粘り強さ」を欠いた。

 この試合でJ1初先発し、ボランチとして起用されたユ・インス、左サイドバックの室屋成らも、決して悪いパフォーマンスではなかったが、現状ではレギュラー陣を脅かす存在としては物足りなさが残った。

文:totoONE編集部

■柏レイソル GK中村航輔の最近のパフォーマンスは圧巻

【プラス材料】
 前節C大阪戦の勝利で4連勝となり、5位まで浮上した。3試合連続完封、4連勝中の失点はわずかに1と、強固な守備が好調の大きな要因である。なかでもGK中村航輔のここ数試合のパフォーマンスは圧巻。相手の決定機ではビッグセーブを連発してチームを救っている。

 また、C大阪戦の決勝弾は相手DFのクリアがクリスティアーノに当たってゴールへと吸い込まれた、一見すると“ラッキーゴール”ではある。ただ、それは前線からのプレスが機能している証。中川寛斗の入れる守備のスイッチに全体が連動し、ハイプレスで相手の出足を封じながら、最後尾では守護神が立ちはだかり、そして終盤は“クローザー”の役割を担う細貝萌がリードを保ったまま試合を終わらせる。今の柏には、そんな勝利の方程式ができつつある。

【マイナス材料】
 リーグ戦では4連勝と好調だが、ルヴァン杯ではここ3試合勝利がない。10日の仙台戦も、1-0とリードした後半アディショナルタイムに痛恨の同点弾を浴び、目前で勝利を逃した。まずはその嫌な流れをリーグ戦に引きずらないように切り替えられるかが問われる。

 好調だった大津祐樹は、左足の肉離れによって離脱、全治4週間と発表された。攻守において存在感を発揮していた大津の欠場は痛い。

 さらにもう一つ懸念材料を挙げるとすれば、センターバックの中山雄太がU-20日本代表招集でチームを離れたことである。中谷進之介とともに、後方からのビルドアップの起点になる中山を欠くことで、柏のパス回しに何らかの影響は出るだろう。

文:鈴木潤

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る