2017.05.05

【札幌vs大宮プレビュー】札幌は菊地直哉が3バックの中央に…大宮は浦和戦に続きリーグ2連勝を狙う

札幌は故障明け直後のMF菊地直哉が3バックの中央を担いそう。ビルドアップに期待がかかる [写真]=J.LEAGUE PHOTOS
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■北海道コンサドーレ札幌 横山知伸が契約条項により出場できず

【プラス材料】
 直近のルヴァン杯、FC東京戦は0-1で敗戦こそ喫したものの、3バックの中央に菊地直哉を配したり、キム・ミンテを本職のボランチで試したり、そして進藤亮佑、永坂勇人といった若手センターバックを実戦起用できたという大きな収穫があった。

 とりわけ、菊地を3バック中央で試せたのは大きい。なにしろ、開幕から3バック中央で守備を束ねていた横山知伸が、今節対戦する大宮からの期限付き移籍中ということで、契約条項によりこの試合には出場できない。そのため、菊地の起用が濃厚となっているが、大きな問題なくプレーをしていたため、心配なくこの試合に挑むことができそうだ。

 また、左サイドの菅大輝も試合を重ねるにつれて安定感を増しており、計算が立つようになってきている。

【マイナス材料】
 プラス材料の部分でも触れたが、この試合では大宮から期限付き移籍中の横山が出場できない。

 今季開幕から3バックの中央として守備を統率し、前節は得点も挙げた主軸が出られないというのは非常に痛い。普段であればベテランの河合竜二が代役を務めることができるため問題はないのだが、その河合も右足を痛めておりこの試合への出場が難しい状況。負傷から復帰した菊地がこのポジションに起用されることが濃厚だが、3日にルヴァン杯のFC東京戦に出場しており、体力的な部分で不安があるかもしれない。

 また、今週は内村圭宏、金園英学が共に週明けの練習をコンディション不良で休んでおり、都倉賢に誰を組ませるのかという部分もまた、難しくなるかもしれない。

文:totoONE編集部

■大宮アルディージャ 先発は浦和戦で出場した選手たちがベース

【プラス材料】
 第9節にして、ようやく初勝利をつかんだ。しかも、その相手が首位を走っていた同じ「さいたま」を本拠地とする浦和だっただけに、このシーズン初勝利で勢いに乗りたいところだ。

 今節の先発メンバーは、その浦和戦で出場した選手たちがベースになるだろう。2列目には中盤の底も務めるMF茨田陽生、MF大山啓輔が入ることが予想される。何よりも失点を避けたいところだが、最終ラインに不安が残るため、彼らがしっかりとボールホルダーにプレスをかけ、自由にプレーさせないことがカギとなる。

 ルヴァン杯の仙台戦では、故障離脱していたFWネイツ・ペチュニクも途中出場して復帰を果たし、切れのある動きを見せてゴールも挙げた。攻撃の持ち駒が増えたことも好材料だ。

【マイナス材料】
 必死に戦ってつかんだ浦和戦での今シーズン初勝利。札幌戦は、チームがこの勝利に満足せず、ようやく1勝できたととらえられたかが問われる試合となる。

 マイナス面は、本来、最終ラインを支えるはずのDF菊地光将とDF河本裕之の両選手がそろって欠場する見込みであること。ルヴァン杯のベガルタ仙台戦では、急きょ左サイドバックを本職とするDF大屋翼が代役を務めたが、今節はDF高山和真とDF山越康平が並ぶ見込みだ。将来的に中心選手となることが期待される2人が、まだまだ経験値は低い。

 また、今季新加入した大前元紀の不調も気がかりなところ。ルヴァン杯の仙台戦でもプレーに精彩を欠いた。チームの中心選手として迎えられた選手の不調が続けば、チーム内の雰囲気も高まらない。

文:totoONE編集部

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
60pt
福岡
55pt
名古屋
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
沼津
35pt
富山
35pt
Jリーグ順位をもっと見る