2017.05.04

「我々が支配していたゲームだったが…」浦和のペトロヴィッチ監督、失点を悔やむ

ミハイロ・ペトロヴィッチ
浦和を率いるペトロヴィッチ監督 [写真]=Getty Images for DAZN
サッカー総合情報サイト

 2017明治安田生命J1リーグ第10節が4日に行われ、浦和レッズと鹿島アントラーズが対戦した。

 24分、鹿島は金崎夢生が反転から左足のシュートを突き刺し、先制に成功する。後半に入り、浦和は反撃を試みたものの、1点が遠く0-1で敗戦となった。

 試合後、浦和を率いるミハイロ・ペトロヴィッチ監督がインタビューに応じている。

 今日の試合について、「試合全体を通しては、我々が支配していたゲームだったと思います。チャンスも作れていたと思いますし、ただ安い失点が我々を苦しめたと思います」と1失点を悔やんだ。

 これで2連敗となったことについては、「サッカーは非常に危険なスポーツです。いかにいい流れでここまで来ていたとしても、こういった負けがチームに重くのしかかってくる」と語り、「我々に必要なのは一つの勝利だと思っています」と次戦での勝利を誓った。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
60pt
福岡
55pt
名古屋
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
沼津
35pt
富山
35pt
Jリーグ順位をもっと見る