2017.05.02

東洋ゴムがベガルタ仙台と「CSRパートナー」契約締結

サッカー総合情報サイト

 東洋ゴム工業株式会社は、ベガルタ仙台の「CSRパートナー」となる契約を締結した。東洋ゴム工業株式会社は、同じ宮城県に国内主力タイヤ工場(仙台工場)を有するという地域関係性を背景に、今後、ベガルタ仙台とともにパートナーシップを組んで、地域貢献活動、震災復興活動を展開していくことを発表している。

 以下、リリース掲載。

ベガルタ仙台は、1999年より、宮城県仙台市をホームタウンとするJリーグ加盟のプロサッカーチームです。同チームは創設以来、ホームタウンや活動区域(宮城県)におけるスポーツの普及、社会・地域振興をクラブの理念、基本方針に掲げ、地域に根ざしたさまざまなホームタウン活動(CSR活動)を行なっています。

当社は、1962年より、宮城県岩沼市に国内の自動車用タイヤ主力製造拠点として仙台工場(工場長:西川直樹)を置き、半世紀以上にわたり事業活動を続けています。また、岩沼市が東日本大震災からの復興計画の一つとして取り組んでいる人工丘陵への植樹活動(「千年希望の丘プロジェクト」」に、拠点を挙げて積極参加しているほか、2016年からは地元・宮城のモノづくりにフォーカスを当てたオリジナル・エリアプロモーション(「MADE IN MIYAGI」」などを通じて、地域貢献・活性化の取り組みを行なってまいりました。

当社は、このたび、宮城県全域を活動区域としている同チームのスポーツを通じたCSR活動の趣旨・目的に賛同して「CSRパートナー」となるとともに、それらの活動をサポートしていきます。

【当社がCSRパートナーとして予定している主なCSRプログラム】

■スポーツ振興プロジェクト
・TOYO TIRES サッカーキャラバン
公募によって応募した宮城県内のスポ-ツ少年団や地域団体を抽選し、当選した団体にベガルタ仙台のプロコーチが訪問して指導する活動。
・「ベガルタカップ」サッカー大会への協賛
宮城県内の少年サッカーチームとJリーグのトップチームが対戦するサッカー大会を協賛し支援する活動。予選参加の100チームから勝ち上がった強豪8チームが、ベガルタ仙台をはじめとしたトップチームにチャレンジします。

■地域貢献
・こころもからだも元気プロジェクト
ベガルタ仙台のコーチやチアリーダーが県内の仮設住宅集合所や地域コミュニティーセンターを訪問し、高齢者の健康維持のため、健康体操や栄養講習会を実施します。

■社会貢献
・バリアフリーサッカー「ベガルタカップ」
東北地方で唯一開催されている障がい者サッカー大会をサポートします。東北エリアから参加者を募り、サッカーを通じて自立サポートや障がい者スポーツの普及・発展を応援します。

■相互交流
・岩沼市や地域のイベントへの参加
当社仙台工場が所在する宮城県岩沼市などの地域イベントにベガルタ仙台の選手らを招待し、相互交流を図ります。

■復興支援
・宮城・東北ドリームプロジェクト
宮城県・岩手県・福島県の児童福祉施設や養護支援施設、こども病院などで生活し、プロサッカーを観戦する機会に恵まれない小学生やその家族をベガルタ仙台のホームゲームに招待します。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る