2017.04.30

さいたまダービーを制した大宮が今季初勝利…清武はJ復帰後初得点/J1第9節

大宮が浦和とのさいたまダービーで勝利した [写真]=Getty Images for DAZN
サッカー総合情報サイト

 2017明治安田生命J1リーグ第9節が30日に各地で行われた。

 大宮アルディージャと浦和レッズによる“さいたまダービー”。前半をスコアレスで折り返すと、63分に江坂任からのパスを受けた茨田陽生が右足を振り抜く。この得点を守り切った大宮が待望の今季初勝利。一方、浦和のリーグ戦連勝記録は4でストップした。

 ホームにサガン鳥栖を迎えた鹿島アントラーズは、豊田陽平に先制点を許す。しかし、金崎夢生と昌子源の得点で逆転勝利。2連敗中のホームで第3節の横浜F・マリノス戦以来となる勝利を収めた。

 日産スタジアムでの横浜FM戦を苦手としているガンバ大阪。後半に入りアデミウソンと長沢駿を投入すると、その長沢のアシストから堂安律が公式戦3試合連続の得点をマーク。日産で横浜FMを相手に2009年以来の勝利を収め、首位の浦和に1ポイント差まで迫った。

 セレッソ大阪は山村和也が先制点を奪うと、終了間際の87分には清武弘嗣が追加点。清武はJリーグ復帰後初得点となった。試合は2-0と完封で川崎フロンターレを下している。

 今節の試合結果は以下の通り。

■J1第8節
▼30日
清水エスパルス 0-3 ベガルタ仙台
アルビレックス新潟 0-1 柏レイソル
大宮アルディージャ 1-0 浦和レッズ
FC東京 1-0 サンフレッチェ広島
ジュビロ磐田 2-2 北海道コンサドーレ札幌
鹿島アントラーズ 2-1 サガン鳥栖
ヴィッセル神戸 0-1 ヴァンフォーレ甲府
横浜F・マリノス 0-1 ガンバ大阪
セレッソ大阪 2-0 川崎フロンターレ

■J1順位表
1位 浦和(勝ち点19/得失点差+14)
2位 G大阪(勝ち点18/得失点差+12)
3位 鹿島(勝ち点18/得失点差+3)
4位 FC東京(勝ち点16/得失点差+5)
5位 C大阪(勝ち点16/得失点差+4)
6位 柏(勝ち点15/得失点差+2)
7位 神戸(勝ち点15/得失点差+2)
8位 磐田(勝ち点14/得失点差+4)
9位 川崎(勝ち点13/得失点差0)
10位 横浜FM(勝ち点13/得失点差0)
11位 仙台(勝ち点13/得失点差-8)
12位 甲府(勝ち点12/得失点差-2)
13位 鳥栖(勝ち点11/得失点差0)
14位 清水(勝ち点11/得失点差-2)
15位 札幌(勝ち点9/得失点差-5)
16位 広島(勝ち点5/得失点差-6)
17位 新潟(勝ち点5/得失点差-9)
18位 大宮(勝ち点4/得失点差-14)

■J1第9節対戦カード(30日)
▼4日
14:00 浦和 vs 鹿島
▼5日
14:00 G大阪 vs 清水
15:00 川崎 vs 新潟
▼6日
13:00 札幌 vs 大宮
14:00 柏 vs C大阪
19:00 広島 vs 神戸
▼7日
14:00 仙台 vs FC東京
14:00 甲府 vs 磐田
17:00 鳥栖 vs 横浜FM

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る