FOLLOW US

“さいたまダービー”を制すのは橙か赤か…昨季の熱戦を写真でプレイバック

昨季の対戦は浦和の1勝1分けとなっている [写真]=Getty Images

 4月30日、大宮アルディージャ浦和レッズによる“さいたまダービー”が、NACK5スタジアム大宮にて開催される。今シーズンいまだ公式戦で勝利のない大宮とリーグ戦4連勝で首位に立つ浦和。ここまで対称的なシーズンを送る両者によるダービーは、一体どちらに軍配が上がるのか。

 J1、J2リーグ戦の通算対戦成績は、大宮から見て8勝6分け12敗となっている。ともに熱戦となった昨年のリーグ戦2試合を写真とともに振り返ってみよう。

2016明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第11節 大宮アルディージャ 0-1 浦和レッズ

日付:2016年5月8日 16:00キックオフ
会場:NACK5スタジアム大宮
入場者数:13,880人

大宮:GK加藤順大、DF奥井諒、DF菊地光将、DF河本裕之、DF和田拓也、MF金澤慎、MF岩上祐三、MF横谷繁(80分 MFマテウス)、MF泉澤仁(62分 FWドラガン・ムルジャ)、FW家長昭博、FW江坂任(73分 FWネイツ・ペチュニク)
浦和:GK西川周作、DF森脇良太、DF遠藤航、DF槙野智章、MF関根貴大、MF柏木陽介、MF阿部勇樹、MF宇賀神友弥(73分 MF梅崎司)、MF李忠成、MF武藤雄樹(75分 FWズラタン)、FW興梠慎三(84分 MF青木拓矢)

満員のNACK5スタジアム大宮。大宮サポーターがコレオを披露した [写真]=Getty Images

 前半終了間際の44分、浦和レッズは柏木陽介の得点で均衡を破る。大宮アルディージャは後半に入り、ドラガン・ムルジャ、ネイツ・ペチュニク、さらにマテウスと攻撃的な選手を投入するも、最後まで得点を挙げることができず、0-1で試合終了。浦和が敵地でのさいたまダービーを制し、リーグ戦4連勝を達成した。

浦和サポーターの歓声に応える柏木 [写真]=Getty Images

2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第4節 浦和レッズ 2-2 大宮アルディージャ

日付:2016年7月17日 19:00キックオフ
会場:埼玉スタジアム2002
入場者数:53,951人

浦和:GK西川周作、DF森脇良太、DF遠藤航、DF槙野智章、MF関根貴大、MF柏木陽介、MF阿部勇樹、MF宇賀神友弥(69分 MF駒井善成)、MF李忠成(57分 MF青木拓矢)、MF武藤雄樹、FW興梠慎三(57分 FWズラタン)
大宮:GK加藤順大、DF奥井諒(26分 DF渡部大輔)、DF山越康平、DF河本裕之、DF大屋翼、MF金澤慎、MFマテウス(74分 FW清水慎太郎)、MF横谷繁、MF泉澤仁、FW江坂任(61分 FWドラガン・ムルジャ)、FWネイツ・ペチュニク

 37分、柏木が直接FKを決め、浦和が先制点をマーク。柏木はさいたまダービー2試合連続得点となった。追いかける大宮は前半アディショナルタイム、CKから江坂任が強烈なヘディング弾でネットを揺らし、1-1で折り返す。

フリーとなった江坂がヘディング弾を決める [写真]=Getty Images

 後半に入り59分、関根貴大が右サイドを突破しクロスを送ると、武藤雄樹が頭で合わせ、浦和が勝ち越しに成功する。

勝ち越し弾を喜ぶ武藤(左) [写真]=Getty Images

 対する大宮は68分、マテウスがカットインから左足を振り抜く。このシュートがネットに突き刺さり、大宮が同点に追いつく。試合は2-2のドローに終わった。

マテウスがスタメン起用に応える同点弾を挙げる [写真]=Getty Images

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA