2017.04.24

J1通算2万ゴール目の起点にも…組織力で戦う清水に欠かせない鎌田翔雅の“献身性”

2015シーズンより清水でプレーしている鎌田翔雅 [写真]=Getty Images
サッカーキング編集部

「狙っていた」J1通算2万ゴール目となるボールは、スライディングで伸ばした足の先をすり抜けていった。倒れ込みながら、こぼれたボールを金子翔太が蹴り込むのを見届けた。

 あとわずかのところで逃したプロ初ゴールの絶好機。主役の座は奪われた。それでも清水エスパルスのDF鎌田翔雅は、チームメイトの得点を心から祝福した。

「完全に(ゴールを)取りに行ったんですけど、足が短くて……(苦笑)。ダメでしたね、持ってないです。でも、よくあそこに(金子が)居てくれたなと思いました」

 21日の明治安田生命J1リーグ第8節、川崎フロンターレ戦。先制点を挙げた清水の選手たちによる歓喜の輪が解けた後、鎌田はあらためて腕を高く突き上げて喜びを表した。ゴールやアシストという個人記録は残らないものの、鎌田自身にとっては会心のゴールシーンだったからだ。

 前節の大宮アルディージャ戦を1-1の引き分けで終えた後、FW鄭大世は言った。

「翔雅はディフェンスタイプのサイドバックだから、守備に関してはスーパーなんだけど」

 守備面を評価されるのは、DFとしてうれしいことであったし、鎌田自身も「自分は守備で貢献するタイプ」と自負している。しかし、その言葉は同時に、攻撃面の物足りなさも差していた。鎌田は、攻撃力が売りの左サイドバック・松原后とのバランスを意識するあまり、攻撃に関しては遠慮している部分があった。

「本当にテセさんの言うとおりで、攻撃に関してはまだまだやっていかなきゃいけない。持ち味の守備で頑張りつつも、もう少し攻撃でも力になれるようにしないと」

 それだけに、自身が起点となった川崎戦の先制点には、大きな手応えをつかんだ。

 ゴールシーンは、鎌田のパスカットから生まれた。14分、相手のロングパスをカットして奪うと、すぐさまドリブルで前線へ持ち上がった。右サイドに開いた鄭大世に渡し、そのままゴール前へダッシュ。鄭大世が折り返したグラウンダーのボールに、自分自身が合わせることができればベストだっただろう。しかし、金子の得点につながったことで、鎌田は「狙いどおり」と頷いた。

「インターセプトは自分の得意な部分なので、常に狙っていた。自分のところで奪えたら前にかなりスペースがあると思っていたので、それがうまく形になって良かった」

 2年ぶりにJ1を戦う清水の強みは、昨シーズンにJ2での激闘を経て培った組織力だ。チーム目標は一桁順位に設定されているが、「まずは残留」と口にする選手も多い。キャプテンの鄭大世が「個の力では一対一で突破できる選手も、相手を圧倒できる選手もいない。それがわかっているから、J2で組織としての土台を固めて上がってきた」と語るように、一戦一戦、粘り強い戦いで勝ち点を積み重ねている。

 その中で“献身性”が光る鎌田の存在は大きい。鎌田は昨シーズン、左ひざ前十字じん帯損傷の大けがで長期離脱しているが、そのけがを負ったのも試合中に相手のシュートをブロックした場面でのことだった。

 ピッチを離れている間は、テレビやラジオに出演するなど、プレー以外の面で精力的に活動する姿が印象的だった。

「プレーすることができない中で、何がみんなの役に立てるか、チームの力になれるかと考えた時に、メディア出演だったり、いろいろなことをしようと思った。どれだけ力になれたかわからないけど、とにかく少しでもチームのプラスになることをしたかった」

 そして完全復活を遂げた今シーズンも、けがを負う以前と同様に、的確な読みで危険を察知し、勇気あるプレーを何度も見せている。右サイドで縦のコンビを組むことが多い村田和哉は、鎌田の長所について口にした。

「鎌田はすごく良い距離感で、僕を生かす動きをしてくれる。すごく頭のいい選手なので、守備では『そんなに下がらなくていい』と声を掛けてくれるし、非常にやりやすい」

 鎌田の存在が目立たないまま終わる試合もある。だが、決して守備一辺倒の選手ではない。チームメイトの特長を最大限に生かすことを考えた上で、時に体を張ってゴールを守り、必要とあればアグレッシブに攻め上がる。常にプレーの選択の基準は「チームのために」。だから、鎌田のプレーには、観る者を熱くする“気持ち”が感じられる。

 川崎戦を2-2のドローで終えた後、鎌田は冗談交じりに言った。

「もしプロ初得点が(J1通算)2万ゴールだったら、もう引退してもいいと思っただろうけど……やっぱりまだ引退はできないですね(笑)」

 J1でタフな戦いを続けるには、鎌田のように「チームプレー」に徹することができる選手の存在は欠かせない。また、昨シーズンの挽回を図る意欲もある。

「(長期離脱をして)チームにたくさん迷惑をかけてしまったし、その経験が自分自身にとっても無駄にならないように、もっと頑張らないといけない」

 もっともっと、チームの勝利のために――。たとえ自分が脚光を浴びずとも、常に死力を尽くして戦い、味方の活躍をも心から喜べる。鎌田の存在は攻守において、ピッチ内外において、チームを支えている。

文=平柳麻衣

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
山口
38pt
大分
37pt
町田
35pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
27pt
沼津
24pt
鳥取
24pt
Jリーグ順位をもっと見る