FOLLOW US

川崎、清水戦で異例のパス数1000本超を記録…試合はドローに終わる

2017.04.22

パスサッカーの中心的役割を担う中村憲剛 [写真]=JL/Getty Images for DAZN

 川崎フロンターレは21日に行われた2017明治安田生命J1リーグ第8節で清水エスパルスと対戦し、2-2の引き分けに終わった。

 この試合をライブ配信したDAZN(ダゾーン)によると、川崎のパス数は合計1014本を記録。選手別のランキングでも、上位10人に名を連ねたのはすべて川崎の選手で、そのうち3人は100本を超えていた。


 今季はFC岐阜が明治安田生命J2リーグ第3節で925本のパスを記録したことが話題となったが、4桁に到達するのは異例のことだ。世界的に見ると、パスサッカーをベースとするバルセロナが今シーズンのチャンピオンズリーグで1022本を記録しているが、今回の川崎の数字も驚異的な記録と言える。

 なお、圧倒的にボールを支配した川崎だが、試合は終了間際に痛恨の失点を喫し、2-2の引き分けに終わっている。

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

SOCCERKING VIDEO