FOLLOW US

浦和、3戦ぶりに失点も逃げ切り4連勝…小野が途中出場の札幌は反撃及ばず

浦和が札幌を下して4連勝を飾った [写真]=清原茂樹

 2017明治安田生命J1リーグ第8節が22日に行われ、浦和レッズ北海道コンサドーレ札幌が対戦した。

 先制したのはホームの浦和。20分、右からのCKをゴール前のラファエル・シルバが競り合うと、こぼれたボールを自ら右足で押し込み、ネットを揺らした。しかし札幌もすぐに反撃する。34分、菅大輝のヘディングのパスでディフェンスラインの裏に抜け出した兵藤慎剛がGK西川周作との一対一を制し、左足のシュートをゴール右に決めた。

 追い付かれた浦和は40分、左サイドから仕掛けると、宇賀神友弥のクロスにゴール前の興梠慎三が頭で合わせる。このシュートはGKに阻まれたが、こぼれ球を関根貴大が豪快に蹴り込み、前半のうちに勝ち越した。

 1点リードで後半を迎えた浦和は73分、興梠が自ら得たPKをゴール左にきっちりと決め、貴重な追加点を奪った。

 札幌は79分、荒野拓馬に代えて小野伸二を投入。かつて浦和でプレーした小野の登場に、スタンドからは大歓声とブーイングが飛び交った。その札幌は87分、エリア手前右で得たFKを福森晃斗が左足でゴール右に沈め、1点差に詰め寄る。

 だが、反撃も一歩及ばず、試合はこのままタイムアップ。浦和が3-2で札幌を下し、リーグ戦4連勝を飾った。

 次節、浦和は30日に大宮アルディージャと、札幌は同日にジュビロ磐田と、それぞれ敵地で対戦する。

【スコア】
浦和レッズ 3-2 北海道コンサドーレ札幌

【得点者】
1-0 20分 ラファエル・シルバ(浦和)
1-1 34分 兵藤慎剛(札幌)
2-1 40分 関根貴大(浦和)
3-1 73分 興梠慎三(PK)(浦和)
3-2 87分 福森晃斗(札幌)


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO