2017.04.21

G大阪、札幌、鹿島が節目の得点記録に迫る…J通算2万ゴールは?

遠藤保仁、小野伸二、小笠原満男
遠藤、小野、小笠原(左から)と、ベテランが活躍を続ける3クラブが節目の得点記録に迫っている [写真]=Getty Images for DAZN
サッカー総合情報サイト

 21日から22日に各地で行われる明治安田生命J1リーグ第8節を前に、Jリーグ公式HPが今節での達成が期待される個人記録およびチーム記録を紹介した。

 個人記録では、第1節から引き続き、セレッソ大阪のDF茂庭照幸がJ1通算300試合出場達成に王手をかけている。待望の今季初出場で、節目の記録達成となるだろうか。C大阪は22日、敵地でヴァンフォーレ甲府と対戦する。

 そして、ガンバ大阪は通算1400得点まであと「2」に迫っている。同クラブは21日、ホームで大宮アルディージャと対戦。また、北海道コンサドーレ札幌は通算200得点まであと2ゴール。そして鹿島アントラーズはホームゲームでの通算800得点到達まで「2」と迫っている。

 J1通算2万ゴールまであと1得点に迫った状態で迎える今節。21日に試合を行うガンバ大阪と大宮アルディージャ、川崎フロンターレと清水エスパルスの4クラブの中から節目の得点が生まれる可能性が高いが、歴史に名を刻むスコアラーとなるのは果たしてどの選手だろうか。

 Jリーグ公式HPが紹介した、J1第8節を前に達成間近の記録は以下のとおり。

▼リーグ記録

J1通算20000得点まであと1得点

▼個人記録

茂庭照幸(セレッソ大阪)通算300試合まであと1試合
高橋峻希(ヴィッセル神戸)通算150試合まであと1試合
柴﨑晃誠(サンフレッチェ広島)通算150試合まであと1試合
前田直輝(横浜F・マリノス)通算50試合まであと1試合

石原直樹(仙台)通算50得点まであと2得点
大前元紀(大宮)通算50得点まであと2得点

▼チーム記録

ガンバ大阪…通算1400得点まであと2得点
北海道コンサドーレ札幌…通算200得点まであと3得点
鹿島アントラーズ…ホーム通算800得点まであと2得点

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る