2017.04.10

札幌、バドミントンチームを発足…北海道実業団選手権から活動開始

北海道コンサドーレ札幌
札幌はバドミントンチームの発足を発表した
サッカー総合情報サイト

 北海道コンサドーレ札幌は10日、新しくバドミントンチームを発足することを発表した。

 札幌はこの日、北海道出身の選手を7名決定し、監督には吉田仁氏の就任を発表。さらにユニフォームも発表されており、株式会社アウルと株式会社ダンロップスポーツマーケティングがオフィシャルパートナーとなることも明らかになっている。

 今後は実業団の大会へ参加する見込みであり、4月15日から行われる第67回北海道実業団バドミントン選手権大会 兼 第67回全日本実業団バドミントン選手権大会北海道予選に参加する。

 なお、発足に際し、一般社団法人コンサドーレ北海道スポーツクラブ代表理事を務める三上大勝氏は「クラブとしては総合型地域スポーツクラブを目指す中での活動のひとつとして今回サッカー以外のスポーツのチームを保有できたことは大きな一歩であり、サッカーだけでは届かなかったところへリーチしていければと考えております」とコメントしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る