FOLLOW US

広島、今季初勝利ならず…森保監督「勝てるチームにしていかないと」

丸谷が退場になったシーンについて、森保監督は「審判と話をしたい」と試合後に語った [写真]=Getty Images for DAZN

 今季初勝利はまたしてもお預けとなった。11日、サンフレッチェ広島は2017明治安田生命J1リーグ第3節でサガン鳥栖と対戦。0-1で敗れた。

 森保一監督は、「引き分けても、勝ってもおかしくない試合だった」と試合を振り返る。

 44分に直接FKを決められ、先制を許した広島。その後、MF丸谷拓也がその日2枚目のイエローカードを受けて退場したが、指揮官の「負けていたので、攻めなければいけなかった」という言葉通り、次々とゴールに迫る。「10人でもボールをつなぐことができた。選手は形を変えながら対応してくれた」。終盤は広島が主導権を握りゲームを進めるも、鳥栖の体を張ったディフェンスや、GK権田修一のファインセーブに阻まれて得点は奪えず。白星を手にすることはできなかった。

「負けたことは悔しいですし、勝てるチームにしていかないといけない」と語る森保監督。広島は次節、アウェーでコンサドーレ札幌と対戦する。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO