FOLLOW US

G大阪、アデミウソンらの活躍で2連勝…FC東京は開幕3連勝ならず

先制点を喜ぶG大阪の選手たち [写真]=JL/Getty Images for DAZN

 2017明治安田生命J1リーグ第3節が11日に行われ、ガンバ大阪FC東京が対戦した。

 ホームのG大阪は前節、FW長沢駿が2得点、FWアデミウソンが1得点をマークして柏レイソルに勝利。今季リーグ戦初白星を飾った。好調を維持する長沢に、この試合でも期待が懸かる。対するアウェイのFC東京はここまで開幕2連勝中。新加入のFW永井謙佑やFW大久保嘉人はそろそろ移籍後初ゴールを挙げたいところだ。

 先制点を奪ったのはホームのG大阪だった。22分、遠藤保仁が左サイド前方のスペースにボールを送る。これに反応したアデミウソンが対峙したDFを振り切り、最後は右ポストに当てながらシュートを沈めてゴール。FC東京はこれが今季初失点となった。

 攻め続けるG大阪は32分、カウンターで持ち上がった倉田秋が右足でミドルシュートを狙ったが、これは相手に当たってコースが変わり、枠をわずかに捉えられず。追加点とはならない。

 1点を追いかけるFC東京だが、なかなか決定的なシーンを作り出せず。35分には足首を痛めた河野広貴を下げ、中島翔哉を投入。前半のうちに交代カードを1枚切る。44分には永井が右サイドから切れ込んでミドルシュートを狙ったが、G大阪GK東口順昭にキャッチされた。

 52分、G大阪は左サイドからのクロスのこぼれ球に倉田が詰める。シュートはポストを直撃し、その跳ね返りがFC東京の丸山祐市に当たってゴール。G大阪がリードを2点に広げた。

 早く1点を返したいFC東京は75分、PA内で室屋成が今野泰幸に倒されてPKを獲得。これをキッカーの大久保が左隅に狙ったものの、GK東口がファインセーブ。こぼれ球も決めきることができず、FC東京は絶好のチャンスを逃してしまった。

 ピンチをしのいだG大阪は85分、カウンターから右サイドでボールを持ったアデミウソンがグラウンダーのクロスを送る。橋本拳人がクリアを試みたが、これがオウンゴールに。G大阪に決定的な3点目が入った。

 その後、FC東京は大久保、中島らがシュートを狙うが、GK東口にことごとく防がれてしまう。試合はこのまま3-0で終了。G大阪が2連勝を飾った一方、FC東京は今季初黒星を喫した。

 次節、G大阪は19日に浦和レッズと、FC東京は18日に川崎フロンターレと、それぞれホームで対戦する。

【スコア】
ガンバ大阪 3-0 FC東京

【得点者】
1-0 22分 アデミウソン(ガンバ大阪
2-0 52分 倉田秋(ガンバ大阪
3-0 85分 オウンゴール(ガンバ大阪


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO