2017.02.24

いよいよJリーグ開幕! DAZN(ダ・ゾーン)での視聴方法を編集部が分かりやすく説明します!

サッカー総合情報サイト

月額1,750円でJ1~J3まで見放題


 2月25日(土)、いよいよJリーグが開幕します。お気に入りのチームの開幕戦はもちろん、スタジアムで見るのが最高ですが、スタジアムに行けないファンの方もたくさんいらっしゃいますよね。そんなみなさんも、「今シーズンから視聴方法が大きく変わりそう」ということはご存知ではないでしょうか?

 そうです、「DAZN」です。

 まず、DAZN(「ダゾーン」と読みます)とは、イギリスのパフォーム・グループという企業が運営するスポーツ専用の動画配信サービスのこと。昨年7月にJリーグと「10年間で2,100億円」という大型放映権契約を結び、話題になりました。「2,100億円」という金額ばかりが取り上げられがちですが、注目してほしいのはそこじゃありません。「J1・J2・J3の全試合がDAZNより中継配信される」ということのほうが、サッカーファンにとってはずっと重要です!

 視聴料は月額1,750円(税別)。これでJリーグを含む、DAZNが配信するすべてのコンテンツが見放題です。決済は「クレジットカード・デビットカードでの支払い」で少しハードルが高いかもしれません。ですが、Jリーグにはほとんどのクラブに、ファンならではの特典が受けられる提携クレジットカードがあります。この機会にぜひ作ってみてはいかがでしょうか? それから、「NTTドコモ」の契約者であれば割引料金の980円で DAZN が利用可能となり、利用料も毎月の携帯使用料に加算されます。ドコモユーザーなら、クレジットカードなしでもオーケーっということです。

 DAZNで配信されるのはJ1、J2、そして、これまで放送されてこなかったJ3の全試合。もちろん、J2/J3の昇格、降格を懸けたプレーオフも視聴可能です(ただし、YBCルヴァンカップや天皇杯はコンテンツに含まれていないのでご注意を)。ほかに、サッカーではイタリアのセリエAやドイツのブンデスリーガ、ヨーロッパや南米大陸のワールドカップ予選を配信。さらにアメリカのMLB、NBA、NFL、NHL、テニスや格闘技(UFC)など、国内外の実に130以上のコンテンツから、年間6000試合以上が配信される予定です。

DAZNでは、J1、J2に加え、J3も全試合を配信する


まずは視聴環境を整えよう


 DAZNは衛星放送ではなくネット配信となるので、まずは自宅のインターネット環境を整備する必要があります。DAZNが推奨しているインターネット接続環境は、標準画質(720p)での回線速度なら5.0Mbps、HD画質(1080p)での回線速度は9.0Mbps、となっていて、快適に高画質を楽しむなら光回線がオススメです。スマートフォンやパソコンで視聴する場合は、Androidなら「4.4」以上、iPhoneやiPadなら「iOS8」以上、パソコンの場合はWindows8.1、Windows10、MacOSX以上のデバイスが推奨。ブラウザはGoogle Chrome、Firefox、Safari、Internet Explorer、Microsoft Edgeなど各種に対応可能です。

 パソコンやスマホじゃなく、従来のように大画面で観たい! という方は、テレビ自体にネット接続機能を内蔵させた「スマートテレビ」(一部機種)であれば、テレビからそのままDAZNにアクセスして試合を視聴することが可能。「スマートテレビ」をお持ちでない方には、テレビに接続するだけでネット上のコンテンツが見られる『Fire TV Stick(Amazon)』(https://www.amazon.co.jp/dp/B01ETRGGYI/)を使うのがオススメです。プレイステーション3や4など、これから対応する予定のデバイスもあるようなので、気になる方は公式サイト(https://my.dazn.com/help/JP-ja/about-recommended-devices)でチェックしてください。

 環境を整えたら、あとはDAZNを申し込むだけ! パソコンから申し込む場合はDAZN の公式サイト(www.dazn.com)にアクセスして、視聴申し込み(会員登録)を行います。1つのアカウントで最大6つのデバイスを登録することができ、そのうち2つまでは同時に視聴することができます。

DAZNは30日間の無料体験期間を置いているので、まずは試してみることをお勧めします。


1カ月は無料、気になる人はお試しを


 さて、現時点で気になるのはテレビのような録画機能を備えていないこと。ですが、一定期間は「見逃し配信」があるので、生放送でなくても「好きな試合を好きな時間に、何度でも」見ることができます。加えて試合のハイライトの放送があるのも、忙しい人にはうれしい限り。2つのデバイスで同時に視聴可能なので、たとえばパソコンでこの試合を見ながら、タブレットではあの試合を、というように同じ時間帯の中継の試合を2試合同時にチェックすることも可能なんですね。他会場の結果が気になる終盤戦とか、仕事上、何試合もチェックしなければならない人(たとえばサッカーキングの編集部員とか……)は重宝しそうです。それから先日配信された「名波浩&中村俊輔 独占インタビュー」など、試合中継だけではない独自のコンテンツもこれから充実していきそうなので、要チェックです。

 DAZNは30日間の無料体験期間を置いているので、気になる方はまず試してみることをオススメします。すでに視聴を開始している人たちのなかにも、「画面が美しく滑らか」という意見もあれば、その反対意見もあって、評判だけではなかなか実際の感じはつかめません。これは視聴者のネット環境やデバイスなどによって、視聴の快適さがかなり異なるということかもしれませんが、だからこそ、無料体験期間中に様々なブラウザやデバイスで確かめながら、自分に合った視聴環境を整えていくといいのではないでしょうか。

 DAZNは日本向けのTwitterアカウント(https://twitter.com/DAZN_JP_Help)を開設しているので、不明な点は気軽に尋ねてみるといいでしょう。DAZNも日本で新たな事業をスタートしたばかり。視聴者の様々な意見や、サポートを求めているはずです。Jリーグ、DAZN、そして視聴者の三者すべてがお互いに歩み寄り、良くない点は改善していきながら、日本のサッカーのために協力できる関係を築いていくことを期待したいと思います。

■DAZNのサイトはコチラ https://www.dazn.com/ja-JP/
■DAZNの詳しい加入方法などはコチラ https://my.dazn.com/help/JP-ja/how-do-i-register

欧州リーグ順位表

チェルシー
93pt
トッテナム
86pt
マンチェスター・C
78pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
93pt
バルセロナ
90pt
アトレティコ・マドリード
78pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
88pt
ローマ
84pt
ナポリ
83pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

G大阪
25pt
柏レイソル
24pt
浦和レッズ
23pt
Jリーグ順位をもっと見る
福岡
30pt
湘南
30pt
横浜FC
28pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
20pt
栃木
19pt
富山
18pt
Jリーグ順位をもっと見る