2017.02.22

【2017年J1クラブ分析①】鹿島が狙うは全タイトル制覇 戦力充実でコンディション不安もカバー

鹿島アントラーズ
ゼロックス杯を制して今季初タイトルを獲得した鹿島 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 Jリーグ王者として臨む今季の鹿島アントラーズは、リーグ連覇、悲願のAFCチャンピオンズリーグ初制覇を目指す。

 オフにはアルビレックス新潟からJ屈指のボランチ、レオ・シルバを獲得。ヴィッセル神戸からは決定力を持ち、周りを生かすことのできるストライカーであるペドロ・ジュニオールが完全移籍で加入した。懸案だった左サイドバックには湘南ベルマーレから三竿雄斗、東福岡高校から小田逸稀で補強。さらに、2列目にブラジル代表経験を持つレアンドロで厚みを加え、FWにはアビスパ福岡から金森健志を迎えた。GKは全北現代に所属していた韓国代表のクォン・スンテを難しい交渉をまとめ、獲得している。

 石井正忠監督はACLとの過密日程を見据え、「高いレベルで2チームを作りたい」と話しているが、それを実現できるだけの戦力を抱えることに成功したと言えるだろう。複数の外国籍選手を入れ替えた時は連係面や慣れの問題で出遅れるケースもあったが、Jで実績十分の2人についてはその心配はなく、レアンドロもプレシーズンマッチで高い適応力を示している。クォン・スンテも「日本語を覚えていきたい」と積極的にコミュニケーションを取る性格であることから、不安は少ない。全タイトル制覇を目指す上で、戦力面だけを考えれば死角は見当たらない。

2017シーズン開幕前の予想フォーメーション

 遠藤康は「力のある選手ばかりだから楽しみ。一緒にやっていてわかるけど、レアンドロも適応するのに時間はかからないと思う。いい攻撃ができればいい」と開幕を心待ちにしている。また、土居聖真もペドロ・ジュニオールのことを「(ゴール前で)迫力があって、例えるなら肉食恐竜みたいで頼もしい」と評し、この戦力を抱える鹿島が「日本サッカー界を引っ張ってやっていくつもりでやっていきたい」とJリーグ、ACLで先頭に立っていく考えを明かしている。

 唯一と言っていい不安はコンディション面にある。昨年末はJリーグチャンピオンシップ、クラブワールドカップ、天皇杯と連戦が続き、オフは約2週間と短かった。また、今季に入ってからはタイ遠征、宮崎でのプレシーズンマッチと試合が続いている。石井監督は「しっかりとトレーニングする時間があまりなく、試合で作っていくという初めてのやり方でやってきた。こういうやり方が良かったのかは結果を見て初めてわかることだと思う」と、コンディション面について未知数な要素があるとしている。ただ、これも戦力でカバーできることで大きな心配はいらなさそうだ。

「狙えるタイトルは全部狙っていきたい。そして、ACLを勝って、またクラブW杯に出られるように」と石井監督。昨年、2冠を達成したチームをさらにパワーアップさせた感のある鹿島が、貪欲に、そして容赦なくタイトルを積み重ねていく腹積もりだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る