2017.02.18

マスコット総選挙、サンチェが王座奪還…昨年1位のベガッ太は2位

総選挙1位に輝いたサンチェ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 Jリーグは18日、『Jリーグマスコット総選挙』の3位から1位までを発表した。

 マスコット総選挙は、Jリーグ・J1・J2・J3クラブのマスコットにより争われる人気投票。すでに4位以下の結果は明らかになっており、FUJI XEROX SUPER CUP 2017のハーフタイム中にトップ3が発表された。

 頂点に立ったのはサンチェ(サンフレッチェ広島)。2015年以来2度目の栄冠となった。なお、昨年1位のベガッ太(ベガルタ仙台)は2位。レノ丸(レノファ山口FC)は3位へ躍進した。

 結果は以下のとおり。

■『Jリーグマスコット選挙』結果
▼1位~3位
1位サンチェサンフレッチェ広島
2位:ベガッ太(ベガルタ仙台)
3位:レノ丸(レノファ山口FC)

▼4位~20位
4位:ドーレくん(コンサドーレ札幌)
5位:東京ドロンパ(FC東京)
6位:グランパスくん(名古屋グランパス)
7位:ヴァンくん(ヴァンフォーレ甲府)
8位:カブレラ(川崎フロンターレ)
9位:マリノスケ(横浜F・マリノス)
10位:ガンズくん(松本山雅FC)
11位:ニータン(大分トリニータ)
12位:レイくん(柏レイソル)
13位:モーヴィ(ヴィッセル神戸)
14位:GAMBA BOY(ガンバ大阪)
15位:パルちゃん(清水エスパルス)
16位:ヴィヴィくん(V・ファーレン長崎)
17位:ゼルビー(町田ゼルビア)
18位:アルディ(大宮アルディージャ)
19位:ロビー(セレッソ大阪)
20位:ライオー(AC長野パルセイロ)

▼21位~40位
21位:しかお(鹿島アントラーズ)
22位:ウィントス(サガン鳥栖)
23位:ジュビロくん(ジュビロ磐田)
24位:アルビくん(アルビレックス新潟)
25位:ジェフィ(ジェフユナイテッド千葉)
26位:ガミティ(SC相模原)
27位:ヴォルタくん(徳島ヴォルティス)
28位:ディーオ(モンテディオ山形)
29位:ゲンゾー(ツエーゲン金沢)
30位:コトノちゃん(京都サンガF.C.)
31位:ロアッソくん(ロアッソ熊本)
32位:ゆないくー(鹿児島ユナイテッドFC)
33位:アビーくん(アビスパ福岡)
34位:キングベルⅠ世(湘南ベルマーレ)
35位:ファジ丸(ファジアーノ岡山)
36位:ホーリーくん(水戸ホーリーホック)
37位:トッキー(栃木SC)
38位:ブラウゴン(ブラウブリッツ秋田)
39位:名前は公募中(FC琉球)
40位:フリ丸(横浜FC)

▼41位~49位
41位:ヴェルディ君(東京ヴェルディ)
42位:ライカくん(カターレ富山)
43位:ギラン(ギラヴァンツ北九州)
44位:伊予柑太(愛媛FC)
45位:ミナモ(FC岐阜)
46位:レディア(浦和レッズ)
47位:湯友(ゆうと)(ザスパクサツ群馬)
48位:ガイナマン(ガイナーレ鳥取)
49位:Jリーグキング(Jリーグ)

■歴代1位
2013年:ベガッ太(ベガルタ仙台)
2014年:ヴィヴィくん(V・ファーレン長崎)
2015年:サンチェ(サンフレッチェ広島)
2016年:ベガッ太(ベガルタ仙台)
2017年サンチェサンフレッチェ広島

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る