2017.02.01

V・長崎が新ユニフォームを発表、合言葉は「ナガサキをひとつに!」

サッカー総合情報サイト

 2017年シーズン、悲願のJ1昇格を目指すV・ファーレン長崎と、ヒュンメルは新ユニフォームを発表した。

HOMEユニフォーム「ナガサキをひとつに!」

 V・ファーレン長崎は2016年シーズン、2015年シーズンに続き、夏のホームゲーム限定で着用する平和祈念ユニフォームを発表。長崎原爆資料館へ2年連続でユニフォームを寄贈し、長崎を代表するサッカークラブとして平和活動を行ってきた。

 2017年、ヒュンメルは新シーズンのユニフォームを長崎の地域文化を背景にデザイン。「長崎市、諫早市を中心とする長崎県全域をホームタウンとする」と謳うV・ファーレン長崎のメッセージをもとに、ホームユニフォームの胸部と背中に長崎県の21市町(13市8町)が表されている。

 新ユニフォームはV・ファーレン長崎のチームカラーであるブルーをベースに、オレンジのラインが斜めにデザイン。襟周りの1本と胸部、背部の20本、合計21本のラインで、21市町が反映され長崎が一つになるイメージを表している。また、右袖には島嶼部まで表現した長崎県の地図をプリント。「ナガサキをひとつに!」という合言葉のもと、J1昇格という未来への夢をデザインしていくV・ファーレン長崎の思いが表現されている。

AWAYユニフォーム「長崎の協会群」

 アウェーユニフォームは、世界遺産登録に向けて動いている「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」がベース。教会に映えるステンドグラスをモチーフに、シルバー(GKはグリーン)をベースにしたユニフォームに、胸部のクロス(十字架)部分で朝日が光る様をゴールドで表現している。

 ホーム、アウェーともに背中の襟首の下に「#PromisedFuture」とプリント。選手は、この約束を文字通り背負ってプレーすることになる。スポンサーは、シャツの胸部にジャパネット、左袖に岩崎本舗、背ネーム上部にチョープロ、背ネーム下部にリンガーハットとなり、パンツ裾部にユニフォームとしては新規となる長崎バスが入っている。

 就任5年目を迎える高木琢也監督は、「今年も素晴らしいデザインのユニフォームをヒュンメル様にご提供いただき、身が引き締まる思いです。新たなユニフォームを着用して、選手・スタッフ、ファン・サポーターの皆さま、そして、長崎県民の皆さまが『一体感』を持って2017シーズンの目標を達成できるよう努力していきたいと思います」と、新シーズンの抱負を語っている。今シーズンの開幕戦は、2月26日(日)、ホーム「トランスコスモススタジアム長崎」でザスパクサツ群馬と対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る