2017.01.10

ベテランが続々移籍の横浜FM、33歳の栗原勇蔵と契約更新…新井ら4選手も

栗原勇蔵
横浜FMとの契約を更新した栗原勇蔵 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 横浜F・マリノスは10日、DF栗原勇蔵、DFパク・ジョンス、DF新井一耀、MF遠藤渓太、MF中島賢星の5選手と2017年度の契約を更新したと発表した。

 栗原は1983年生まれの33歳。横浜FMジュニアユース、ユースを経て2002年にトップチームへ昇格した。以降は横浜FM一筋でプレーを続け、2016シーズンは明治安田生命J1リーグで12試合出場1ゴール、ヤマザキナビスコカップ(現・JリーグYBCルヴァンカップ)で9試合出場、天皇杯で2試合出場を記録した。

 横浜FMは2017シーズンを前に、38歳の元日本代表MF中村俊輔がジュビロ磐田へ、33歳のGK榎本哲也が浦和レッズへ、31歳のMF兵藤慎剛が北海道コンサドーレ札幌へ完全移籍で加入することが決定。契約満了が決まっていたDF小林祐三もサガン鳥栖へ移籍するなど、多くの30歳以上の選手たちがクラブを離れることが決まっているが、栗原は横浜FMでのプレーを続けることとなった。

 パク・ジョンスは1994年生まれの22歳。2016シーズンから横浜FMでプレーし、明治安田生命J1リーグで13試合出場1ゴール、ヤマザキナビスコカップ(現・JリーグYBCルヴァンカップ)で9試合出場、天皇杯で4試合出場を記録した。

 新井は1993年生まれの23歳。順天堂大学から2016年に横浜FMに加入した。1年目の2016シーズンは、明治安田生命J1リーグで5試合、ヤマザキナビスコカップ(現・JリーグYBCルヴァンカップ)で7試合、天皇杯で2試合に出場している。

 遠藤は1997年生まれの19歳。横浜FMユースから2016年にトップチームへ昇格した。2016シーズンは明治安田生命J1リーグで23試合、ヤマザキナビスコカップ(現・JリーグYBCルヴァンカップ)で5試合、天皇杯で2試合に出場している。

 中島は1996年生まれの20歳。東福岡高校から2015年に横浜FMへ加入した。2016シーズンはヤマザキナビスコカップ(現・JリーグYBCルヴァンカップ)で3試合、天皇杯で1試合に出場した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
60pt
福岡
55pt
名古屋
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
沼津
35pt
富山
35pt
Jリーグ順位をもっと見る