2017.01.09

玉田圭司、スクールの初蹴りイベントで誓い「みんなの笑顔を力に」

サッカー総合情報サイト

 2017年シーズンから名古屋グランパスへの移籍が決まっている玉田圭司が、1月8日に自身が代表を務めるサッカースクール『玉田圭司サッカースクール K.T.F.C. powered malva』のイベントで初蹴りを行った。

『玉田圭司サッカースクール K.T.F.C. powered malva』は、玉田が「学生時代を過ごした津田沼で子どもたちにサッカーの楽しさを伝えたい」という思いと、洗練された育成プログラムで多くの実績を誇る『malva』がタッグを組んだサッカースクールとして2014年に開校。玉田がプロデュースするフットサルコート「KT ESTADIO フットサルポイント津田沼」で、3歳から中学2年生を対象に平日の月曜日から金曜日に行われている。

 イベントの感想を聞かれると玉田は「初蹴りイベントだけでなく来られるタイミングではできるだけ顔を出すようにしています。ちょっと会わない間にみんな大きくなりましたね。うれしかったのは、どのスクール生も前回一緒にボールを蹴ったときよりもうまくなっていたこと。これからも積極的に顔を出して、スクール生の成長過程を感じていきたいですね」と目を細めた。

 自分自身も、まだ成長過程と捉えているようだ。「年齢の話題は嫌だ」と言いながらも、プロ18年目を迎えて自分がなすべき役割を増やしている。「選手として、ピッチでやることは変わらず、同じ。ピッチ外や練習での姿勢、言動などについて、自分のやるべきことは増えるのかなと感じています。セレッソ大阪では最年長として、練習中から声を出し、いろんなことを伝えていました。最初は意識していましたが、徐々にそれが自然になりましたね。サポーターから『練習中のタマさんの声が聞こえなくなるのは寂しい』と言われ、自分でもそんなに声を出していたんだなと驚いたほどです」。

 さらなる幅を広げ、その力を愛するクラブのために発揮する準備はできている。「話が来た時点で自分の中では一択」という特別な思いを寄せ、玉田は名古屋グランパスへの復帰を決めた。「スクール生が元気でやっている姿を見て、僕自身も刺激を受けています。みんなの笑顔を力に変えていきたい」と古巣での活躍を誓った。

スクールへのお問い合わせ
玉田圭司サッカースクール(マルバサッカースクール津田沼校/KT ESTADIO フットサルポイント津田沼内)
http://www.kt-estadio.jp/jr_school.html
047-403-0311

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る