2017.01.05

37歳MF羽生直剛、10年ぶりに千葉復帰! FC東京から加入「本当の集大成」

羽生直剛
2007年以来の千葉復帰が決まった羽生直剛 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FC東京に所属する元日本代表MF羽生直剛が、ジェフユナイテッド千葉へ完全移籍で加入することが決まった。両クラブが5日に発表した。

 羽生は1979年生まれの37歳。2002年に筑波大学からジェフユナイテッド市原(現・ジェフユナイテッド千葉)へ加入し、2007年までプレーした。同クラブでは2005年と2006年にヤマザキナビスコカップを制している。2008年にFC東京へ移籍し、2009年にヤマザキナビスコカップを制覇。2011年にはJ2優勝と天皇杯制覇を果たした。2013年にはヴァンフォーレ甲府への期限付き移籍も経験した。

 そして2014年にFC東京へ復帰し、同クラブでプレーを続けてきた。2016シーズンは明治安田生命J1リーグで14試合、ヤマザキナビスコカップ(現・JリーグYBCルヴァンカップ)で2試合、天皇杯で1試合出場を記録。キャリア通算では、J1で344試合出場29ゴール、J2で37試合出場5ゴールを記録している。また2006年から2008年にかけて日本代表に選出され、国際Aマッチ17試合出場を記録している。

 移籍にあたり、羽生はFC東京に対して以下のようにコメントしている。

「このたび、ジェフユナイテッド市原・千葉に移籍することになりました。今回の移籍にあたり、クラブともたくさんの話し合いをさせていただきました。長い間在籍しながら、数字としての結果はさほど残せていない自分に、新シーズンも選手としての提示をしてくれたこと。また、その他にもクラブに残るための多くの選択肢を僕に示してくれたことに、大金社長をはじめ、立石GM、そして篠田監督に心から感謝しています。そして、今まで一緒にプレーしてくれた仲間、コーチ、ビジネススタッフも含めて、自分を支えてくれたクラブ関係者にも感謝の気持ちしかありません。ありがとうございました」

「今回の決断は自分や家族にとって簡単なものではありませんでした。慣れ親しんだFC東京から離れることは、自分の周りにいる多くの人は望んでいなかったのだと思います。その中で自分を突き動かしたものは、引退するまで野心を持ったサッカー選手でいたいということです」

「FC東京に在籍していれば、新シーズンにも最年長選手としての居心地の良い居場所があり、試合に出ても出なくても今まで通り優しくしてくれるファン・サポーターのみなさんがいる。そんな一年を過ごした後に引退。楽だろうけれど、何かが違う。そう思いました。37歳になった僕のチャレンジは決して平坦なものではないし、この移籍に対してポジティブな声ばかりではないけれど、それもすべてひっくるめてのチャレンジです。プロの世界は、自分で道を切り拓き、自分で歴史を作っていかなければならないところだと思います。最後の一年になるかもしれないという決意で臨む僕の戦いは、本当に本当の集大成であり、『もう走れない!』と思うくらいにきちんと出し切りたいと思います」

「この移籍に際して、ファン・サポーターのみなさんに直接挨拶をする機会をクラブは設けてくれようとしましたが、日程の問題などからこのような書面での挨拶となってしまいました。ただ、みなさんが僕に送ってくれたご声援は確実に僕の心と体を動かす原動力となっていましたし、だからこそ今があり、この移籍が実現したのだと思っています。みなさんと、また笑顔で再会できる日を楽しみにしています。そして、クラブの発展、リーグ制覇を心から願っています。本当に今までありがとうございました」

 また、2007年以来の復帰となる千葉に対しては以下のようにメッセージを寄せている。

「この度、ジェフ千葉に加入させていただくことになりました、羽生直剛です。まず初めに、この移籍に際して、クラブに招き入れて頂いた高橋GM、それを認めていただいたクラブ社長、監督、株主・スポンサー各位に深く感謝いたします。私がジェフを2007年シーズンをもって離れてからも、ジェフにはジェフの歴史があり、私自身は37歳になりました。このような状況での移籍は、ポジティブな声だけではないと思います」

「私自身もこの話をいただいた時に、今のジェフのために自分に何ができるのか、自問自答を繰り返し、すぐに答えを出すことはできませんでした。ただ、最後は、自分がこの1年、ジェフの昇格のために、強烈な努力をしていければ、安易な考えで戻って来たわけではないこと、そして、ジェフの遺伝子が自分には存在することを示せると思い、その全てが自分自身の最後のチャレンジ、最後の野心にふさわしいと考えました。常に昇格へのこだわりを持ち、自分の今までの全てをぶつけさせて頂きます。どうぞよろしくお願い致します」

欧州リーグ順位表

チェルシー
6pt
トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る