FOLLOW US

広島の野津田岳人、清水へ期限付き移籍!今季は4月から新潟でプレー、2得点

今年4月から新潟でプレーした野津田岳人 [写真]=Getty Images

 サンフレッチェ広島からアルビレックス新潟へ期限付き移籍中のMF野津田岳人が、清水エスパルスへ期限付き移籍で加入することが決まった。26日に3クラブが発表した。

 野津田は1994年生まれの22歳。広島の下部組織出身で、2012年にトップチーム昇格を果たした。プロ入り5年目の今季、3月29日に新潟への期限付き移籍が発表。移籍後は明治安田生命J1リーグで18試合出場2ゴール、ヤマザキナビスコカップ(現・JリーグYBCルヴァンカップ)と天皇杯で各1試合出場を記録した。

 期限付き移籍期間満了にあたり、野津田は新潟の公式HPにて以下のようにコメントしている。

「約1年、新潟でプレーをさせていただき、自分自身にとっていろいろな経験をし、成長することができました。ビッグスワンのサポーターの声援は忘れません。なかなかチームに貢献できませんでしたが、新潟でサッカーができて幸せでした。1年間、ありがとうございました」

 所属元の広島に対しては「広島に戻りたい気持ちはありましたが、クラブと相談した結果、自分が成長するためにもう1年、他チームでプレーすることになりました。選手としてより一層成長し、サンフレッチェのために活躍する姿をまた皆さんの前でお見せできるように頑張ります」とメッセージを寄せている。

 そして加入する清水には「広島から期限付き移籍で加入することになりました、野津田岳人です。清水のような伝統のある魅力的なチームでプレーできることをうれしく思います。チームの勝利に少しでも多く貢献できるように、全力で頑張りたいと思います。よろしくお願いします」と、抱負を語っている。

 なお野津田の期限付き移籍期間は2017年2月1日から2018年1月31日までで、移籍期間中、広島と対戦する公式戦には出場できないことが併せて発表されている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO