2016.12.25

FC東京、GK榎本達也が20年の現役生活にピリオド「後悔はありません」

榎本
現役引退を発表したGK榎本達也(写真は2015年のもの) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FC東京は25日、2016シーズンをもってGK榎本達也が現役を引退し、同クラブの普及部コーチに就任することが決定したと発表した。

 榎本は1979年3月16日生まれの37歳。1997年に浦和学院高から当時の横浜マリノス(現横浜F・マリノス)に加入し、プロ生活をスタートさせた。2001年にはJリーグヤマザキナビスコカップ(現JリーグYBCルヴァンカップ)優勝を経験し、自身も大会MVPを受賞する活躍を見せた。2006年まで同クラブに在籍し、その後はヴィッセル神戸、徳島ヴォルティス、栃木SCでのプレーを経て、2015年にFC東京に加入。今季は明治安田生命J3リーグで7試合に出場したのみだった。通算成績はJ1リーグ戦223試合出場0得点、J2リーグ戦60試合出場0得点、J3リーグ戦7試合出場0得点。

 榎本はクラブ公式HPを通じてコメントを発表。これまで在籍したクラブのファン・サポーターへの感謝の気持ちを述べるとともに、指導者として新たなスタートを切ることへの意気込みを見せている。

「プロサッカー選手として20年間、このたび現役を引退する決意をしました。まずはこの20年で在籍させていただいた横浜、神戸、徳島、栃木、そしてFC東京の社長をはじめクラブ関係者、チームスタッフ、チームメイト、スポンサーやファン・サポーターのみなさんに厚く感謝申し上げます。高校を卒業してから、大した選手でもない自分が現役生活を20年も続けてこられたのは、たくさんの方に支えてもらったおかげです。とくに、どんなに辛いときも常にそばで励ましてくれた妻と3人の子どもには感謝してもしきれません。今となってこの20年を振り返ると、はっきり言って後悔ばかりです。それでもリーグ優勝やナビスコカップMVPなど、本当に素晴らしい経験もさせていただきました。1日1日を真摯にサッカーに向き合って取り組んできたことに後悔はありません。来シーズンからは指導者として、新しいスタートを切ります。そのスタートをFC東京で始められることはとてもうれしく、光栄に思っています。選手生活同様に指導者としても“日進月歩”の精神で、東京のみなさんとともに歩んでいきたいと思います。今までのご声援、本当にありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いいたします」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る