FOLLOW US

齋藤学、2桁ゴールでベスト11入りも…チーム成績に不満「すごく悔しい」

横浜FMで今季10ゴールを挙げた齋藤学 [写真]=Getty Images

 横浜F・マリノスの日本代表MF齋藤学が、20日に開催された「2016 Jリーグアウォーズ」で年間ベストイレブンを受賞した。終了後、同選手がコメントを残している。

 齋藤は今季、明治安田生命J1リーグで10ゴールを達成。J1ではキャリアハイとなる成績を残し、ベストイレブンも獲得する飛躍の1年となった。

 授賞式を終えた齋藤は「まず、マリノスというクラブでマリノスタウンという環境がなくなって、アデミウソンというすごく力のある選手がいなくなったりと、僕の中ではすごく不安な要素が多い年の初めだった」と、環境が大きく変化したシーズンだったと振り返った。

 その上で「その分自分が引っ張っていく、という責任感が出たので、そこを全面に押し出してサッカーをできたっていうのは成長だったと思っています。僕が小さいころに見ていたマリノスは優勝していたマリノスだったので、その光景をスクールの子たちや育成の選手たちに見せたいと思って1年間頑張った」と、新たなモチベーションのもとに戦っていたと語っている。

 「なかなかチームとしての結果が出なかったのはすごく悔しいですし、僕自身ももっとうまくやれたんじゃないかなっていう思いがあります」と、年間10位という成績には悔しさを示す齋藤。それでも、「今後マリノスが少しでもいい方向に向かっていくための受賞になればいいと思います」と、早くも先を見据えていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO