2016.12.20

岡山FW押谷祐樹、名古屋へ完全移籍「特別なクラブ」…今季J2で14得点

押谷祐樹
名古屋移籍が決まった岡山の押谷祐樹 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS
サッカー総合情報サイト

 ファジアーノ岡山に所属するFW押谷祐樹が、名古屋グランパスに完全移籍で加入することが決まった。20日に両クラブが発表した。

 押谷は1989年生まれの27歳。静岡県出身で、2008年にジュビロ磐田ユースからトップチームへ昇格した。2009年夏から2011年までFC岐阜へ期限付き移籍で加入し、2012年に磐田へ復帰。2013年に岡山へ期限付き移籍へ加入し、2014年に完全移籍へ移行した。

 岡山加入後、リーグ戦通算141試合に出場して43ゴールを記録。今季は明治安田生命J2リーグで35試合に出場して14ゴールを挙げている。

 移籍にあたり、押谷は岡山の公式HPにて以下のようにコメントしている。

「岡山に来て4年間、いろいろな経験をし、サッカー選手として成長できました。長澤監督、影山前監督を始め、スタッフ、ファン、サポーターの皆さんには感謝しかありません」

「今年目標にしていたJ1昇格ができず、責任を感じています。しかし、自分の残りのサッカー人生を考えた時、さらにスキルアップするために新しい環境でチャレンジしたいと思い、このたび名古屋グランパスへの移籍を決断しました」

「どんな時でも背中を押して応援してくださった岡山サポーターの皆さんのことは忘れません。4年間、本当にありがとうございました」

 加入する名古屋に対しては、以下のようにコメントしている。

「名古屋で生まれ、3歳まで育った僕にとって名古屋グランパスは特別なクラブのひとつです。ジュビロ磐田のジュニアユースやユースに所属していた時も試合で何度も三好には来ています。また、FC岐阜に所属していたとき、プレシーズンマッチの名古屋グランパス戦で、そのレベルの高さに圧倒され、 自分はプロとしてまだまだだなと痛感したことを覚えています」

「それから数年が経った今、自分が特別な感情を抱く名古屋の一員になれることを本当に誇りに思います。今までの経験を活かし、名古屋がJ1へ復帰するために日々努力し、 全力を尽くしますので、ご声援よろしくお願い致します」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
53pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る