2016.12.19

元鹿島のレオナルド、古巣の躍進に日本語でメッセージ「偉業の一部に関われて誇り」

レオナルド
元鹿島のレオナルド [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元ブラジル代表で現役時代に鹿島アントラーズでプレーしたレオナルド氏が、18日に行われたFIFAクラブワールドカップ ジャパン2016決勝後に自身のツイッターを更新。その戦いぶりを称えた。

 アジア勢初となる同大会決勝進出を果たした鹿島。レアル・マドリードと世界一の座を懸けた決戦に臨む直前にレオナルド氏は「心の底から、いつもみんなとともにいます。グッドラック」とローマ字でツイートし、エールを送った。

 そして試合終了後には同じくローマ字で、「みんなはすでに歴史を書き換えました!その偉業の一部に自分が関われたことに誇りを感じます。おめでとう(ポルトガル語)」と綴り、古巣の躍進を称えている。一方の鹿島もクラブ公式アカウントで返答。「オブリガード、レオ!私たちは進みます。チャレンジは続く!」と感謝を伝えている。

 レオナルドは1994年に鹿島へ加入。約2年半の在籍でサポーターを魅了する数々のプレーを披露した。クラブチームではサンパウロやパリ・サンジェルマン、ミランなどに在籍。ブラジル代表としては1994年と1998年のワールドカップに出場している。引退後はミラン、インテルを指揮し、PSGではスポーツ・ディレクターも務めた。

ワールドサッカーキング 1月号

[主なコンテンツ]

今号のワールドサッカーキングでは、クラブワールドカップで来日するレアル・マドリードを大特集。名将への道を突き進むジネディーヌ・ジダン監督に加え、主将を務めるセルヒオ・ラモスのインタビューをお届けします。さらに、クリスティアーノ・ロナウドやギャレス・ベイルの現在に迫るストーリー原稿、レアル・マドリードを“世界最高のフットボールクラブ”に育て上げたフロレンティーノ・ペレス会長の手腕に迫る記事などを掲載。レアル・マドリードの“歴史・現在・未来”がすべて詰まった一冊に仕上がっています。今すぐ『ワールドサッカーキング1月号』をゲットしよう!

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る