FOLLOW US

名古屋MF望月嶺臣、京都移籍が決定「J1昇格へ精一杯」…今季は山口でプレー

京都移籍が決まったDF望月嶺臣 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

 名古屋グランパスからレノファ山口FCに期限付き移籍中のMF望月嶺臣が、京都サンガF.Cに完全移籍で加入することが決まった。17日に3クラブが発表した。

 望月は1995年生まれの21歳。滋賀県出身で、2013年に野洲高校から名古屋へ加入した。U-16からU-20まで、各年代別の代表にも選出。今季は山口へ期限付き移籍で加入し、明治安田生命J2リーグで10試合出場1ゴールを記録している。

 移籍にあたり、望月は名古屋の公式HPにて以下のようにコメントしている。

「このたび京都サンガF.C.に移籍することになりました。プロ生活を名古屋でスタートし、名古屋グランパスのユニフォームを着てプレーできたことを何より誇りに思っています。本来であれば、ファン・サポーターの皆様に成長した姿をお見せしたかったのですが、かなえることができず本当に残念です」

「結果的に、グランパスではなかなか出場機会を得ることができず、チームにも十分貢献出来ませんでしたが、これまで支えてくださったクラブ関係者の皆様、ファン・サポーター、そしてパートナーの皆様、本当にありがとうございました。まだまだサッカー人生は続きますので、今後しっかりと活躍する姿をお見せすることができるように頑張りたいと思います」

 今季、プレーした山口に対しては「短い間でしたが1年間ありがとうございました。ファン、サポーターの方々にすごく暖かく受け入れて頂いて本当に嬉しかったです。ファン、サポーターの皆様の暖かいご声援の中プレーしたことを忘れません。ファン感謝祭に行くことを楽しみにしていたのですが不幸があり行けなくて申し訳ありませんでした。去るのは寂しいですがまたどこかで活躍する姿を見せられるように頑張ります。本当にありがとうございました」とメッセージを寄せた。

 加入する京都に対しては、以下のようにコメントしている。

「このたび京都サンガF.C.に加入することになった望月嶺臣です。子供の頃からよく見ていた馴染み深いチームに加入することができ大変嬉しく思います。J1昇格に向けてチームの力になれるように精一杯頑張ります。ご声援よろしくお願いします」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA