FOLLOW US

浦和の33歳DF永田充、東京Vへ完全移籍「守備だけでなく、攻撃の起点に」

東京Vへの移籍が決まった浦和DF永田充(写真は2015年) [写真]=Getty Images

 浦和レッズに所属する元日本代表DF永田充が、東京ヴェルディへ完全移籍で加入することが決まった。15日に両クラブが発表した。

 永田は1983年生まれの33歳。静岡学園高校から2002年に柏レイソルへ加入した。2006年からはアルビレックス新潟でプレーし、在籍4シーズンでリーグ戦119試合に出場。2010年から2011年にかけて、日本代表の一員として国際Aマッチ2試合出場を記録している。

 2011年に浦和へ移籍し、今季が加入6年目だった。今季は明治安田生命J1リーグで1試合、AFCチャンピオンズリーグで3試合の出場にとどまった。

 移籍にあたって永田は、浦和の公式HPで以下のようにコメントしている。

「浦和で6年間プレーし、自分のサッカー人生にとっても大きな経験をさせていただきました。いつもサポーターの方に支えていただいたことを感謝しています。来シーズンこそはリーグ戦でタイトルを獲得することを願っています。本当にありがとうございました」

 また、移籍先の東京Vに対しては「来シーズンから東京ヴェルディでプレーすることになりました永田充です。守備だけでなく、攻撃の起点となるようなフィードを武器に、チームの勝利に貢献できるようにがんばりますので、応援よろしくお願いします」とメッセージを寄せている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO