2016.12.12

J2で17位の群馬、服部浩紀監督の退任を発表…2シーズン指揮

服部浩紀
退任が発表された服部浩紀監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ザスパクサツ群馬は12日、服部浩紀監督が今シーズン限りで退任すると発表した。

 退任に際して服部監督は以下のようにコメントしている。

「2年間という短い期間でしたが、地元群馬でJリーグの監督としてのキャリアをスタートできたことを誇りに思います。自分を支えてくれたザスパクサツ群馬に関わる全ての皆さんに、感謝の気持ちでいっぱいです。地元である群馬県のスポーツ文化がこの先もより良いものとなり、ザスパクサツ群馬の今後の発展を願っています。今まで本当にお世話になりました。ありがとうございます」

 現在45歳の服部監督は、2015年から群馬を指揮。昨季はJ2リーグ戦で18位の成績に終わると、2016明治安田生命J2リーグでは17位。順位は上がったものの、勝ち点、勝ち星ともに減少していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る