FOLLOW US

J2で17位の群馬、服部浩紀監督の退任を発表…2シーズン指揮

退任が発表された服部浩紀監督 [写真]=Getty Images

 ザスパクサツ群馬は12日、服部浩紀監督が今シーズン限りで退任すると発表した。

 退任に際して服部監督は以下のようにコメントしている。

「2年間という短い期間でしたが、地元群馬でJリーグの監督としてのキャリアをスタートできたことを誇りに思います。自分を支えてくれたザスパクサツ群馬に関わる全ての皆さんに、感謝の気持ちでいっぱいです。地元である群馬県のスポーツ文化がこの先もより良いものとなり、ザスパクサツ群馬の今後の発展を願っています。今まで本当にお世話になりました。ありがとうございます」

 現在45歳の服部監督は、2015年から群馬を指揮。昨季はJ2リーグ戦で18位の成績に終わると、2016明治安田生命J2リーグでは17位。順位は上がったものの、勝ち点、勝ち星ともに減少していた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA