2016.11.30

14年間所属の“名物ホペイロ”が名古屋退団…松浦紀典氏との契約満了発表

サッカー総合情報サイト

 名古屋グランパスは30日、トップチームのプロホペイロを務める松浦紀典氏が今季限りで契約満了となると発表した。

 松浦氏は1970年生まれの45歳。ポルトガル語で「用具係」を意味するホペイロの、日本における第一人者として知られる。1993年からヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)のトップチームでプロホペイロを務め、2002年まで同クラブに所属した。そして2003年からは名古屋でプロホペイロを務め、今季で在籍14年目を迎えていた。

 契約満了にあたり、松浦氏は「14年間本当にお世話になりました。クラブを離れることは寂しくありますが、これからも名古屋グランパスを応援します。本当にありがとうございました」とコメントしている。

 クラブ史上初のJ2降格が決まり、ボスコ・ジュロヴスキー監督との契約満了や10選手の退団を発表している名古屋。サンフレッチェ広島からFW佐藤寿人を獲得し、30日にはブラジル人選手3名、DFシャルレスとMFワシントン、MFフェリペ・ガルシアの完全移籍加入を発表している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る