2016.11.17

Jリーグ、今季CSでもMOMに賞金50万円&MVPに賞金100万円を贈呈

青山敏弘
昨季CS決勝では年間優勝を果たした広島の主将・青山敏弘が選ばれた [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 Jリーグは、23日から開催する明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ(CS)において、昨年に引き続き各試合で最も活躍した選手「マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)」と、大会を通じて最も活躍した選手「MVP」を表彰することを、17日に発表した。



 両賞は大会を取材する報道関係者の投票をもとにJリーグにて決定。MOMは各試合終了後に試合会場で発表、表彰され、受賞者には賞金50万円が贈呈される。MVPは決勝第2戦終了後の表彰式にて発表、表彰され、受賞者に賞金100万円が贈られる。

 今季のJ1優勝クラブを決めるCSには、J1年間1位とセカンドステージ優勝の浦和レッズ、同2位の川崎フロンターレ、同3位とファーストステージ優勝の鹿島アントラーズが出場する。準決勝は23日に等々力陸上競技場で行われ、川崎と鹿島が対戦。勝者が決勝(第1戦:29日、第2戦:12月3日)で浦和と対戦する。

 なお、昨年のCS準決勝は、延長戦の末に浦和を下したガンバ大阪からGK東口順昭がMOMに選出された。決勝の2試合のMOMは、合計4-3でG大阪を破り年間優勝を果たしたサンフレッチェ広島から選出。第1戦は決勝点を含む2ゴールを演出したMF柏好文、第2戦は途中出場で同点弾を決めたFW浅野拓磨(現シュトゥットガルト)が受賞し、決勝戦のMVPはキャプテンのMF青山敏弘が輝いた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
52pt
鹿島アントラーズ
51pt
横浜FM
48pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
63pt
山形
57pt
横浜FC
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
群馬
44pt
熊本
44pt
北九州
43pt
Jリーグ順位をもっと見る