FOLLOW US

名古屋退団の“10番”小川、ファンに感謝「10年間の声援が僕の財産」

2016.11.13

ファン感謝デーのイベントに参加した小川佳純 [写真]=三浦彩乃

 名古屋グランパスは12日、ファン感謝デー「LOVE GRAMPUS Festa 2016」を豊田スタジアムにて開催した。

 名古屋は今シーズンの明治安田生命J1リーグを年間勝ち点16位で終え、クラブ史上初のJ2降格が決定。6日にボスコ・ジュロヴスキー監督、7日に元日本代表DF田中マルクス闘莉王、そして10日には9選手との契約満了を発表した。代表取締役社長を務めていた久米一正氏、代表取締役専務の中林尚夫氏も辞任することとなり、クラブは変革の時を迎えている。

 11日の同イベントでは、退団選手のセレモニーが実施された。契約満了となったのは闘莉王のほか、DF竹内彬、MF小川佳純、MFイ・スンヒ、MF明神智和、FW野田隆之介、GK西村弘司、MF森勇人、DF安田理大、FWグスタボの計10選手。各選手は壇上にてファン・サポーターにメッセージを伝えている。

 小川のコメントは以下のとおり。

「2007年から10年間、本当に応援ありがとうございました。そして今年も応援ありがとうございます。皆さんに10年間いただいた声援というのが、僕の財産です。来年以降グランパスのユニフォームを着て戦えないというのがすごく寂しいです。グランパスのことが心配ですが、ここにいるファン・サポーターの皆さんが応援し続けてくれたら、きっとグランパスは良い方向に向いてくれると思います。僕もまだ現役を続けるつもりですので、またプレーしている姿を皆さんに見せることが、皆さんへの恩返しだと思うので、これからも応援よろしくお願いします。もし次に対戦する時は、ブーイングではなく温かい拍手で迎えてくれたらうれしいです。本当に10年間応援ありがとうございました」

 現在32歳の小川は2007年に名古屋に入団。2009年からは背番号「10」を託されるなど、クラブの中心選手として活躍した。在籍10年間でJ1リーグ通算286試合に出場、36ゴールをマーク。今季は2016明治安田生命J1リーグ20試合に出場、1ゴールを記録した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO